ピアノ調律師の仕事は、ピアニストとの信頼関係が大事なんです☆

2

3

コンサートリハーサルで、調律後にピアニストに試弾してもらったときの写真。

ピアノ調律師は、ピアニストとの信頼関係がないと、思った通りの仕事ができません。

安心して良い音楽を奏でてもらうために、しっかりと打ち合わせをして音作りをします。

この時には、ダンパーの掛かりが遅くてモーツアルトの細かいパッセージが出しにくい、ということでペダル調整も行いました。

オーケストラとの共演ですから、ピッチA=442Hzにずれがあってもいけません。

とても良いコンサートになりました。

ピアノが好きなあなた。調律師を目指してはいかが?

☆ぴあの屋まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: なんでもネタ, 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です