調律のこと」カテゴリーアーカイブ

ガスマスクをつけて、全塗装中!リメイクのシュバイツィアスタインピアノ☆

過去に入荷した中で、もっとも傷修理個所の多いダントツ1位のピアノ
五十嵐友美調律師が、全塗装しています。

ママはがんばってますよ~

☆ぴあの屋まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク, 新着情報 | コメントする

ピアノ調律が終わったらこれをよく使います。さて何に使うのかな?

2

ロゴとか鍵の金属のところに数滴垂らしておくと
金属のサビが浮いてきて、
そのあとコンパウンドで磨けば、
新品のように金ピカに!

紅茶がでれば、そこにも使えます。

✩ぴあの屋まーちゃん✩

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 調律のこと | コメントする

わぉ!私のコトがブログに載ってる!!✩

1

先日お伺いしたお客様のブログを
たまたま見つけてしまいましたぁ!!

http://minkara.carview.co.jp/userid/1839698/blog/34882896/

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 調律のこと | コメントする

ピアノのグリュッサンド奏法で指が引っかかって弾きにくい時✩

その原因はこちらです、、、

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 調律のこと | コメントする

納品調律にお伺いしました!✩

IMG_1786

今日はドラマが!!

実はぴあの屋ドットコムは関東の楽器屋さんと提携しています。
同じようにネット販売をされていますので、関西に売れた時には
ぴあの屋ドットコムが納品調律にお伺いしています。

「ぴあの屋ドットコムの石山です。納品調律のお電話をさせていただきました」

「・・・」

電話に出られたご主人はなにかびっくりされた様子。
それでも、そのまま日程調整して本日伺いました。

実は、こちらのお客様、ぴあの屋ドットコムにも
問い合わせのお電話いただいていたのです。

ただご希望のピアノの在庫がなく、関東の会社で購入されたのですが、
毎日のように(ピアノを買ってからも)、ぴあの屋ドットコムの動画がおもしろくて
見てられたようで、私がご自宅に伺った時、
「いつもテレビに出ている有名人が来たような気分・・・」
とおっしゃってられました。

関東の楽器屋さんで購入された時
5年間は提携調律師が伺うことになっていて
5年後からは自由になるらしいので、
そのあと、ぴあの屋ドットコムに調律を頼む、と決めたられたそうです。

ですので、5年間はまーちゃんに会えないなぁなんてご夫婦で話をされていたところ、
いきなり、私が登場したというわけです・・・

面白いでしょ?
ご縁ってそんなものなんです。

記念に一緒にお写真を撮りました。

✩ぴあの屋まーちゃん✩

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 調律のこと | コメントする

年始の調律お伺い♪

1年前当社にてピアノをご購入いただいたお宅にお伺いしてきました。
お届けして1年目ですがピアノも落ち着いてくれており、作業中ピアノの状態から
しっかり練習をされている様子やピアノを大事にして頂けていることが分かり嬉しい限りでした。

そんな中、奥様が「生のピアノを買ってよかったです、この一年家族でピアノブームでした。」と話してくださりました。
なんでもピアノが来てから生音に感動して今まで聞かなかった音楽を聴いたり、弾いてみたり、CDを買ってきたり、
あの”のだめ”にハマったりと音楽がいつも流れる1年となったそうです。
生の楽器の力、ピアノのパワーってやっぱり凄い!と再確認しました。
 

こうやって喜んでいただいていることが ”調律師をやっていてよかった。” と素直に思える瞬間ですね
直にこんなお話が聞けるとは、いやはや私は幸せもんです
 

消音ユニットのお取付けもあったため長い時間お邪魔させて頂きましたが、自家製のお団子までごちそうになりまして
本当にありがとうございました。
私にとってはご家族の様子、この一年の楽しそうなお話しを伺えただけで胸いっぱいでたくさんの元気を頂きました。
ピアノに何かありましたらすぐに駆けつけますのでご遠慮なくご連絡くださいね。

今年も音楽がいつもそばにある一年でありますように♪

 

◇りゅう◇

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 日々の作業のこと, 調律のこと | コメントする

ピアノリメイクの申し込みが殺到!!✩

ご実家のピアノを運んできてなんとか使いたい!
でもしばらくほったからしでどうしよう・・・
ヤマハやカワイと違う聞いたことのないメーカーだけど・・・

そんな方がどんどんご連絡頂いています。
なぜかな?

動画をご覧下さい。

✩ぴあの屋まーちゃん✩

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: なんでもネタ, リメイク | コメントする

ピアノリメイクの申し込みが殺到中!✩

667

新入学の時期は、ご実家からピアノをもってきたり、
転勤で引越ししたり・・・

そんなタイミングで、ぴあの屋ドットコムの格安の全国ピアノ運送網をつかって
ついでにキレイにしちゃおか?と
ピアノリメイクをご依頼いただくことが急激に増えています。

この写真のように、色がくすんでしまった外装もピッカピカ!(外装コース)
家からピアノをわざわざ動かしてまでは依頼しにくいかもしれませんが、
きっかけがあれば、この際!ということですね。

ぴあの屋ドットコムのピアノ修復技術にお任せくださいね!

✩ぴあの屋まーちゃん✩

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: なんでもネタ, リメイク | コメントする

リメイク ビフォアーアフター 外装編

今日のリメイク ビフォアーアフターは外装の傷修理です。

実はピアノの修復作業で外装の傷修理が一番時間がかかると思っています。

中古ピアノには音が良くても、外装の状態が良くないピアノは当たり前のようにあります。

でも、見違える様になったピアノを見たときはやはり達成感が違います。

今回は傷の修理前の写真を撮るのを忘れてしまったので、作業工程と綺麗になった外装になります。

 

まず、傷を埋めて、整形している所です。

この時は削った粉が沢山出るのでマスクは必須です!

下地処理が一番大事な作業で後からだとやり直しをするのに時間がかかってしまいます。

次に形が整えば、塗装に入ります。

他の部分に色が付かない様にしっかりと「マスキング」をしてから塗装します。

塗装後はまだ、表面に凹凸があるので、凹凸を取り、表面を滑らかにする必要があります。

最後に滑らかに表面を研ぐと艶が出て、外装が輝きます。

この後にまだ、細かい粒子の研磨剤で磨き上げてさらに艶を出す作業を行います。

全ての傷修理に塗装作業をするわけではありませんが、ぴあの屋ドットコムではこの様な外装修理をしています。

さすがに新品とまではいきませんが、「新品ですか?」と聞きたくなるくらいまで綺麗にすることができます。

作業自体を見る事は多くないですが、お届けまでにこう言った作業をしてるんですよ。

整備風景を見て、「だからピアノは大事に使うんだよ」と教えて頂いてるお母様もおられました。

京都倉庫に来て頂ければピアノの内部、作業中のピアノ等普段見れない部分を見て頂けますので是非御来店ください。

桐迅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク | リメイク ビフォアーアフター 外装編 はコメントを受け付けていません。

リメイク ビフォアーアフター 響板編

本日2回目のリメイクビフォアーアフターです。

キャスターに続き、今回は音の増幅装置「響板」です。

先日入荷したピアノの響板が凄かったです。でも諦めませんよ!!

埃の絨毯ですね!

見ていても綺麗にならないのでまず、ブラシをかけながら掃除機をかけてみました!

ブラシと掃除機だけでもかなり違いますね、でもまだまだです。

最後に水拭きです。

ブラシや掃除機で取りきれなかった埃を水拭きで綺麗にしていきます。

汚れているから、埃がたまっているからと言って諦めないでください。

思っている以上にピアノは綺麗に出来るんですよ。

悩んでる方は是非相談して下さいね。

桐迅

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク | リメイク ビフォアーアフター 響板編 はコメントを受け付けていません。