感じたこと」カテゴリーアーカイブ

1 2 3 4 5 6 15

ピアノの中にものを落とした時には。。。

ピアノの中へ物を落としてしまうということが結構あります。

特にグランド譜面台のアップライトピアノやグランドピアノの場合

蓋の上からするっと中へ滑り込んでしまうことがあります。

そんな時のフタの外し方を簡単に撮影しました。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 感じたこと, 新着情報, 日々の作業のこと | コメントする

☆子供目線☆

『羊の鋼の森』が映画化されました!というCМを観た途端に、うちのワイルド娘は「あ!これ、ママのお仕事のやつやん!」と言いました。

ちょうど主人公がグランドピアノのハンマーを削っているところでした。

以前に自宅に持ち帰り、このファイリングというハンマーえお削る作業をしていたのを見ていたのでしょうね。

いや~覚えているんですね~

わかるもんなんですね~

ちょっと嬉しかったです(^O^)

これからもどんどん宿題を持って帰ろうかな~

なんちゃって(^_-)

2

☆ともみ☆

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 感じたこと | コメントする

ピアノが届くまであと5日!!に感動!!

1

ピアノが届いたお客様から素敵な写真をいただきました。

ぴあの屋ドットコムは、ご注文があってからピアノの整備にかかるため、
お届けまでに2週間から時間のかかるもので1カ月半程度かかります。

こちらのお客様はピアノが来るのを心待ちにされていて、
このような日めくり作られて楽しみにされていました。

そして届けられる日には、、、

2

もう、素敵すぎ!!

これからも、頑張ります!!

☆ぴあの屋まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: なんでもネタ, 感じたこと, 新着情報 | コメントする

鹿児島研修☆

一泊二日のシュケジュールで鹿児島で研修があり、参加してきました!
鹿児島と言えば、グランフィール発祥の地!
そうです。藤井ピアノサービス巨匠の元へ行ってきたのです☆
講師は名取調律師!凄腕の調律師さんです(*^^)v
始めて九州へ行くのでドキドキしましたが、無事到着☆
10名でびっちり研修受けました。
ベテラン先輩調律師の方ばかりで、女性で参加したのは私だけでした。笑!
みなさん、色々な知識をご存じで凄いと思います。
講師の名取さんはもちろん、ピアノに携わる全てに関して知識と経験が豊富!
色んな材質から寸法、原因と解説など、ドイツ語まで話せる凄い方でした。
結構いろんな方の研修は参加していますが、こんなにレベルの高い、密度の濃い研修は初めてですね~☆
とっても勉強になりました。
ついていくのに必死でしたけどね(*^_^*)
まだまだ時間が足りないくらいでした。
作業自体は難しくないんですが、普段サボりがちなことが実は結果、良いピアノにするためには必要なんだ、ということを時間をかけて実感させていただきました。
これを習得できただけでもこの先私にとっては価値があります。
時間と費用と体力はかかりますが、自分で動いて勉強しないとレベルアップしないな~と思います。
無知な事が多いので、研修中は恥ずかしい思いもします。
質問にも答えられなかったりします。
でも、黙ってると損なんです!みんなの前で恥じらいを捨て、貪欲に勉強してきました(*^_^*)
少しずつ色々実戦して、もっとお客様に喜んでいただけるピアノに仕上げられる技術者に日々精進したいと思います☆
自分の娘ちゃんには寂しい思いをさせてしまってますが…(~o~)ごめんね…
☆ともみ☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 感じたこと | コメントする

悲しい部品、それはペダル。

ペダルは悲しい宿命を背負って生まれてきました。

ペダル、手で触れられるのは作られた時だけ。

ペダル、カバーを付けてもらえるのは最初だけ。

ペダル、裸足で触ってもらえるのは綺麗な時だけ。

ペダル、錆びてくすんでくると、触るのも躊躇う悲しい部品です。

きっとペダルは思っているでしょう「たまには手で触れて欲しい、磨いて欲しい」、「鍵盤のように手で触れて欲しい」と。

でも、ペダルは無理なのも知っています。だって自分はペダルですからっ!

ピアノ屋ドットコムはそんな悲しいペダルに優しい手を差し伸べています。

Beforeペダルbefore Afterペダルafter

毎日ペダルが磨かれお客様のもとに運ばれて行きます。

でも、悲しいかな、ペダルはすぐにくすんでしまいます。

後はお客様に委ねられています。

悲しいペダルをどうか、救ってあげて下さい。

桐迅

 

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク, 感じたこと, 新着情報 | 悲しい部品、それはペダル。 はコメントを受け付けていません。
1 2 3 4 5 6 15