シール?と思ったら日焼け!?

ピアノリメイクのご依頼で届いたヤマハW106と言う木目の綺麗なピアノを修復中です。

お届けはだいぶ先の予定なのですが、少しづつ手を入れて行っています。

dsc_0138

腕と呼ばれる側面の箇所が日に焼けてしまってグラデーションのようになっています。

よく見ると割れが出ていますが、これも日光に長時間あたって紫外線と温度によって塗料がやられてしまった状態ですね。

今回は割れは完全に直さなくてもよいとのご依頼でしたので焼けのお直しをメインに進めいていきます。

ちなみに完全に修復する場合には塗料をすべて剥がしていちから塗装をし直します。

手間と時間がかかりますが、めちゃくちゃ綺麗になるのでご希望の方はご相談を!

dsc_0139

と、よく見るとJISマークが剥がさなくちゃーと表面を削りましたが。。。 まだまだ残っている。。

んんー ん?

dsc_0140

よくよく見てみるとシールのJISのマークに木が日焼けしてしまって文字が木に浮かび上がっている!?

まれにある現象なのですが、ここまでくっきりはっきり焼き付いてしまっているのは初めて見ました(笑)

ある意味レアなのでご要望有ったらこのまま残すのも味があっていいですかね?

 

整備課スタッフ

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報, 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です