悲しい部品、それはペダル。

ペダルは悲しい宿命を背負って生まれてきました。

ペダル、手で触れられるのは作られた時だけ。

ペダル、カバーを付けてもらえるのは最初だけ。

ペダル、裸足で触ってもらえるのは綺麗な時だけ。

ペダル、錆びてくすんでくると、触るのも躊躇う悲しい部品です。

きっとペダルは思っているでしょう「たまには手で触れて欲しい、磨いて欲しい」、「鍵盤のように手で触れて欲しい」と。

でも、ペダルは無理なのも知っています。だって自分はペダルですからっ!

ピアノ屋ドットコムはそんな悲しいペダルに優しい手を差し伸べています。

Beforeペダルbefore Afterペダルafter

毎日ペダルが磨かれお客様のもとに運ばれて行きます。

でも、悲しいかな、ペダルはすぐにくすんでしまいます。

後はお客様に委ねられています。

悲しいペダルをどうか、救ってあげて下さい。

桐迅

 

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
ヒサちゃん

ヒサちゃん の紹介

流れ、流れてこの会社に流れ着きました。 もともとバイク関連の仕事をしていたので調律師ではございません!! ピアノは素人ですので、素人目線で皆様のお力になれたら幸いです。
カテゴリー: リメイク, 感じたこと, 新着情報 パーマリンク

コメントは停止中です。