心の窓」カテゴリーアーカイブ

1 2 3 4 5 6 42

心の窓 「すべてはタイミング」

ある若者が東京で寿司屋で修行していた頃の話。

親方から「最高級品のみで作り上げた超豪華弁当とカップヌードルどっちを選ぶか」と聞かれた。
もちろん彼は当たり前に超豪華弁当と答えた。

「じゃ、今お前は極寒の寒空の下で何かしらの仕事をしていたとする。身体も冷え切って、午後もその仕事だ。そこで昼飯になった。用意された、冷え切った超豪華弁当とカップヌードル、どっちを選ぶか?」と聞かれた。一瞬迷ったがカップヌードルと答えた。

「その気持ちを覚えておけ」

彼は、今でもずっとその言葉が離れないと話していました。

ある講演会でも、「最高級のフランス料理と、3日何も食べれなかった後に食べる食パンとどっちがうまいか」という話もありました。

食パンに決まってますよね。

これらは全てのビジネスにも繋がります。

必要な人に必要な物を提供できるか?
その時の自分に必要な物を得ることができるか?
って言うことですね。

一方通行では何も先には進まない。
お互いに分かり合えて初めて一歩先に進める。親方の教えは深い意味があったのです。


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「約束のホームラン」

【約束のホームラン】

これはアメリカのある田舎町に住む野球好きの少年と、メジャー屈指のスラッガーのお話です。

主人公の野球好きの少年は、小さな頃に事故で視力を失いました。

少年が10歳になった時、少年の両親は主治医から衝撃の事実を伝えられます。

「彼の目の見えなくなった理由は、事故で彼の脳が大きなダメージを負ったからです。彼の脳は今でも少しずつ失われています。このままではやがて、彼は命を落としてしまうでしょう」

「脳の手術を行うしかありません。運が良ければ、目もまた見えるようになるでしょう。ただ、大きな手術になるので当然大きなリスクも伴います」

両親は悩んだ末に手術を行うことを決意し、そのことを息子にも伝えますが、頭の中の手術ということで彼はなかなか「うん」と言うことができません。

少年は大の野球好きで、メジャーリーグでも5本の指に入るあるスラッガーと彼のチームの大ファンでした。

そこで両親は、そのメジャーリーガーが直接息子に会って説得をしてくれれば、手術を決断してくれるのではないかと考え、いろいろなルートでそのメジャーリーガーとコンタクトを取ろうと駆け回りました。

しかし世の中、そんなに甘くはありません。
いつまでたってもそのメジャーリーガーと少年の面会はかなわず、月日だけがどんどんと過ぎていきました。

そんな折、1本の電話が鳴りました。
電話の相手は、何とそのメジャーリーガーだったのです。

噂を聞いた彼のマネージャーが、盲目の少年の事をメジャーリーガーに話してくれたのです。
こうしてついに、少年とメジャーリーガーの面会が実現しました。

「君自身のためにも、君のことを心配してくれる両親のためにも、手術を受けてくれないか?」

「でも頭の中の手術だっていうし…正直怖いんだ」

「でも…」

「でも?」

「僕のためにホームランを打ってくれるなら…」

「何だって?」

「次の試合、あなたが僕のためにホームランを打ってくれるなら、手術を受ける。手術を受ける勇気が沸いてくると思うんだ」

少年の申し出にメジャーリーガーは一瞬戸惑いました。
もしもホームランを打てなかったら、少年は手術を受けてくれないかもしれません。
そうなれば、最悪の事態も想定されます。しかし。

「ああ!次の試合、君のためにホームランを打つよ。だから君も、僕がホームランを打ったら手術を受けるんだ」と、反射的に答えてしまいました。

この話はチームの広報担当者がマスコミにリークしていたために、すぐに全米のメディアに取り上げられることになりました。

テレビや新聞は、かつてベーブ・ルースが行った「予告ホームラン」になぞらえ、この話を大々的に報じました。

翌日の新聞には
「予告ホームラン、盲目の少年と約束」
という大きな見出しが載りました。

メジャーリーガーは後悔していました。
もし自分がホームランを打てなければ、少年は手術を受けてくれないかもしれません。
そうなれば、彼の命は危険にさらされます。

しかし、自分にできることはとにかくベストを尽くすことしかないと考え、当日の試合を迎えました。

当日の試合はメディアによる報道もあり、大変な注目の中で行われることになりました。
少年もラジオの実況中継が始まるのを待ちわびていました。

午後6時30分、試合が始まりました。

相手チームのエースは連戦連勝、その勢いのままに初回から真っ向勝負を挑んできました。
予告ホームランのことは知っていましたが、手を抜くことはプロとして失格だし、スラッガーである彼にも失礼だと考えていたのです。

7回終了時点で彼の成績は3打数1安打1三振。
ホームランはまだありません。

そして迎えた9回裏の最終打席。
2アウト2、3塁、1対3、2点差で負けている場面でした。

ここでホームランを打てば逆転サヨナラ、彼のチームの勝利です。
次のバッターは絶不調だったので、ここは彼を一塁に歩かせてもいい場面でした。

しかし、相手チームのエースはマウンドでストレートの握りを彼に見せました。
予告ホームランに対し、予告ストレート、この相手エースの予告投球に、スタジアムは騒然となりました。

相手エースとスラッガーの勝負は2-3のフルカウントまでもつれました。
相手エースは、最後の一球もストレートを予告しました。

最後にエースが投げた渾身のストレートを、彼はフルスイングしました。

「お願い打って!!」球場にいた人たちも、テレビで見ていた人たちも、ラジオで聞いていた少年も、皆が天に祈りました。

!!!

しかしボールはキャッチャーミットの中。
試合終了です。

その時でした。
実況をしていたラジオのアナウンサーが叫びました。

「やりました!打ちました!!大きな打球がスタジアムを超えて場外へ、月に届くかのような大きな大きなホームランです!!」

スタジアムの観客も拍手をして、2人の勝負を讃えました。観客は彼の名前を連呼し「ナイスホームラン!」と口々に叫び、いつのまにか球場全体が同じ言葉でつながっていました。

アナウンサーは少年の名前を呼んで言いました。
「聞こえるかい、すごい声援だろう? 彼は見事に君との約束を果たしたんだ!」

「今度は君自身が手術でホームランを打つんだよ。そして手術を成功させて、いつの日か君の目でホームランを見にスタジアムに来るんだ」と締めくくりました。

明くる日の新聞にこんな言葉がありました。
” 昨日の試合、彼の成績は4打数1安打2三振。ただそのうちの1三振は、見事なホームランだった”

誰もが目撃したのです。
心でしか見えないホームランを。
ラジオのアナウンサーはそのホームランを見事に実況したのです。

1年後、球場にはかつて盲目だった少年の姿がありました。
少年の瞳には、スラッガーの放つ豪快なホームランの軌跡がはっきりと映っていました。
幻のホームランは、時を超えて本物のホームランになったのです。

<出典>:https://hibikukokoro.blogspot.com/2013/10/blog-post.html


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「奇跡のラブストーリー」

「奇跡のラブストーリー」~60年も胸に秘めていた想い

ある男性がSNSに投稿した話が、
海外サイトで話題になりました。

このストーリーの発端は、
ひとりの男性が通りに落ちている財布につまずき、
財布を拾ったことから始まります。

——————————————

私は、持ち主を見つけるために、
何か手がかりがないものかと
財布の中身を確認しました。

中には3ドルの紙幣と見るからに古いしわくちゃの手紙。

手紙の唯一の手掛かりは差出人でした。

他の手掛かりを見つけることを期待して、
失礼ながら手紙を開きました。

日付には1928年と書かれていました。

手紙はおよそ60年前(その当時)に書かれていたのです。

それは美しい、女性の筆跡で書かれていました。

左隅に小さな花が印刷された青い便箋。

内容を読んでみると
それは、母親に禁じられ、
彼に会うことが出来ないことを告げた別れの手紙でした。

それでも、「あなたのことが大好き」
と何度も書かれていました。

差出人は「ハンナ」と署名。

それは美しい手紙でした。
情報はただひとつ。

「マイケル」に宛てた手紙だという以外にありませんでした。

そして封筒には電話のリストが書かれていました。

番号案内に電話をかけました。

オペレーターに
「拾った財布の持ち主を見つけたいのですが、
 財布の中にあったリストで持ち主を見つけることはできますか?」
と尋ねると、
彼女は一瞬ためらいましたが、
「そのリストですが、残念ながら私からあなたに、
 個人情報を教えることは出来ません…」と述べました。

しかし、彼女は丁寧な応対で
「上司と相談してみます」と答えました。

数分待った後、オペレーターを通じて
複数で話ができるパーティートークならOKということで、
3人の電話がつながりました。

女性に「ハンナ」の名前を尋ねると、
彼女は「ああ!」と驚きました。

「私たちはハンナという名前の娘さんがいた家族から、
 この家を買いました。でも、それは30年前の話です」

「その家族が今住んでいる場所が分かりませんか?」
と尋ねると、
「ハンナは何年か前に老人ホームに母親を
 預けなければならないと話していました。
 もしかしたら、その老人ホームと連絡を取れば、
 娘のハンナのことが分かるかもしれません」

彼女は、私に老人ホームの連絡先を教えてくれました。

連絡をとると、母親は数年前に亡くなったとのことでしたが、
娘(ハンナ)が住んでるかもしれない場所の
電話番号を知っていました。

その電話番号も老人ホームのものでした。

私は彼らに感謝し、電話を掛けてみると、
「ハンナは以前こちらのホームに住んでいました」
と説明されました。

さらにハンナが移転した先の
特別養護老人ホームの連絡先を教えてもらいました。

電話をかけると男性が、
「はい。ハンナは私たちのところに住んでいます」
と答えました。

時計を見ると、すでに夜の10時でした。

「これから彼女に会いに行くことは可能ですか?」
と尋ねると、
「もし会いたいのなら、彼女は部屋で
 テレビを観ているかもしれません」

彼に感謝し、老人ホームに車を走らせました。

夜勤看護師と警備員が私を迎えてくれました。

私たちは豪華な建物の3階に上がり、
看護師はハンナを紹介してくれました。

彼女は優しい笑顔と煌めいた瞳を持つ、
素敵な銀髪の老婦人でした。

私は財布を見つけたことについて説明し、
彼女に手紙を渡しました。

彼女はきれいな小花のついた青色封筒を見た瞬間、
深呼吸をしてこう語りました。

「若い頃、この手紙はマイケルに送った最後の手紙でした…」

彼女は深くため息をつき、はにかみながら
「私はとても彼を愛していたわ」
と小さな声で囁きました。

「私はその時16歳。
 母は私が恋愛するにはまだ早過ぎると反対したの。
 ああ!彼はとてもハンサムだったわ。
 まるでショーン・コネリーみたいだった」

「マイケル・ゴールドスタインは素晴らしい人でした。
 もしあなたが彼を見つけてくれるなら、
『私はまだ彼を愛している』と言って」

涙を溜めて
「私は彼を思って結婚しませんでした」と語るのです。

私はハンナに礼を言い、別れを告げました。

帰ろうとエレベーターに乗った時、警備員に話しかけられました。

「あなたが探していた老婦人に会えましたか?」

「財布の持ち主を見つけるために、ほぼ一日を過ごしました」
と話し、赤いひも付きの茶色の革財布を取り出しました。

その瞬間、警備員が驚くべきことを口走ったのです。

警備員は、私が取り出した財布を見た瞬間、
「ちょっと、ちょっと待ってください!
 それはゴールドスタインさんの財布ではないでしょうか。
 その財布は、ここの誰もが知っていると思います。
 彼はしょっちゅう財布を失くし、
 ホールで3回以上発見してますよ」

「ゴールドスタインさん?」

「彼はこの施設に住む8階の老紳士のひとりです。
 その財布は確かにゴールドスタインさんのものです。
 彼は散歩の途中で失くした可能性があります」

私は警備員に礼を告げ、すぐに看護師のオフィスに走りました。

警備員に言われたことを看護師に話すと、
私たちはエレベーターに乗り、ゴールドスタインさんが
まだ起きていることを祈りました。

8階の看護師は、
「彼はまだ部屋で本を読んでいると思います」
と述べました。
「彼は夜に本を読むのが好きなんです」

私たちが彼の部屋に行くと、本を読んでいる男性の姿がありました。

看護師は「財布を落としませんでしたか?」
と彼に尋ねると、背中のポケットに手を入れ、
「ああ!それを落としたらしい」とゴールドスタイン氏。

「この男性が発見してくれたんですよ」と看護師。

彼に財布を手渡すと、ホッとして微笑みながら
「それは私の財布です。
 今日の午後、私のポケットから落ちたのかもしれない。
 あなたが親切に届けてくれたお礼をしたい」と。

「いいえ、気持ちだけで十分です」とお断りしました。

「でも、あなたに大事なことをお伝えする必要があります。
 失礼ですが、財布の持ち主を探すために
 手紙を拝見させていただきました」

ゴールドスタイン氏の顔に笑みが失せ
「あなたはその手紙を読みましたか?」

「はい、手紙を読んだだけではなく、
 ハンナがどこにいるか知っています」
と答えました。

彼は急に青ざめ
「ハンナ?彼女がどこにいるかをご存じですか?
 彼女はどこに?彼女のことを教えてください!」
と必死に懇願します。

「彼女は…あなたが知っていた昔と同じように、
 美しい人ですよ」とそっと言いました。

ゴールドスタイン氏は一瞬微笑んで、
「私は明日彼女と会いたい…」

彼は私の腕を掴み、
「私はその手紙が届いたとき、人生の終わりだと思いました。
 どれだけ彼女のことを愛していたか分かりますか?
 私は今まで結婚をしたことがありません。
 それだけ彼女のことを愛してきたのです…」

ゴールドスタイン氏の切実な想いを感じ、
「一緒に来てください」と言いました。

私たちは3階までエレベーターで降りると、
廊下は2つだけライトが点いていました。

ハンナはまだテレビを観ながら、
ひとり座っていました。

看護師はハンナに歩み、
戸口で一緒に待っていたマイケルを指さし、
そっと言いました。

「あなたはこの男性を知っていますか?」

ハンナは老眼鏡を整え言葉を発しませんでした。

マイケルはそっと囁いたのです。

「ハンナ。私はマイケルです。覚えていますか?」

彼女は一瞬息を飲み、
「信じられない!マイケル。あなたなのね」

…看護師と私は感動で涙を拭いました。

このストーリーは、ここで終わりませんでした。

それから3週間後、特別養護老人ホームから
私のオフィスに電話がありました。

「マイケルとハンナは結婚します。
 日曜日の結婚式に出席することができますか?」

それはお祝いに参加するために、
特別養護老人ホームの人々が衣装を着飾った、
それはそれは美しい結婚式でした。

ハンナはライトベージュのドレスをまとい、
美しい老婦人に見えました。

マイケルはダークブルーのスーツに身を固め、
背の高い最高の紳士に見えました。

76歳の花嫁と79歳の新郎が、
ティーンエイジャーのような、
純愛を実らせた素敵なカップルに
施設はふたりの部屋を与えたそうです。

ひとりの男性が道端に落ちていた財布を拾い、
60年前に送られた手紙に書かれた唯一の手掛かりは、
差出人と電話リストでした。

拾い主の親切な心と探求心に火が付いたのか、
ほぼ1日中駆け回ります。

ストーリーの結末は、なんと、同じ老人ホームの
3階と8階に住んでいた老人同士だったのですね。

出典:https://yuru2club.com/wp/?p=14101&fbclid=IwAR3WKR0c3r_MzXfwbYzs58Eiyk9ymLARoLCIrNe9kw0V6hbMsLpu-iEmeA4


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「瑛太の夢」

「瑛太の夢」

気仙沼に50代の千葉さんと言う人がいます。
あの震災で家族7人を失いました。
そして小学生の瑛太と二人きりになりました。
7人と言うのは瑛大の5歳と3歳の妹、瑛大のお母さん、つまり千葉さんの奥さんです。
その奥さんの妹さんと子供、そして奥さんのご両親の7人です。

唯一生き残った子供、瑛太の夢はプロ野球選手になることでした。
しかし気仙沼に唯一あったバッティングセンターが津波でなくなってしまいました。
そこで瑛太は「僕が建てる!」と言い出したのです。

千葉さんの仕事は牛乳販売店なんですが、お父さんの後ろ姿を見て育った瑛太は
「僕はヨーグルトを売ってバッティングセンターを再建させる」
と言い出しました。
それで待ちゆく人たちに
「僕が家の軒先まで届けるので注文してくれませんか。ぼくはバッティングセンターを再建させたいんです」
と声かけていくのです。
そんな夢を語っても大人たちは「絶対に無理!」といいます。

でも瑛太は本気だったんです。
その瑛太の想いが人から人へと伝わっていくうちに、元ソフトバンクホークスの小久保裕紀(ひろき)さんのところまで伝わっていきました。
小久保選手は、なんとかその夢をかなえてやりたい」って思ったんですね。
プロ野球選手ほど、バッティングセンターで山ほど練習してきた人はいませんからね。

そして瑛太は「気仙沼に何か復興のシンボルができれば」と作文に書きました。
それがある作家さんによって本になり、その本の帯に小久保選手が推薦文を書いてくれました。

それでプロ野球選手たちからの多大なる支援が集まって、2年後に「気仙沼フェニックスバッティングセンター」が完成したのです。
フェニックスとは不死鳥と言う意味です。
しかし地元の人はそう呼ばずに、小学生がヨーグルトを売って作ったバッティングセンターだから、
「ヨーグルトバッティングセンター」と呼んでいます。

行ってみると打席数はたった7席でした。
なぜ7席かと聞くと、亡くなった家族の人数分んなんです。
打席に番号が振ってあるのですが、普通は1番、2番とふっていくのですが、いきなり37番があります。
それは瑛大の亡くなったお母さんが美奈子さんだったのでその「みな」を数字にしてつけたそうです。

瑛太はその後、高校野球の強豪校に入学するのですが、あまりにも体格の大きな1年生がたくさんいるのを見た瞬間、方向転換します。
そして必死に勉強して、イギリスのオクスフォード大学とケンブリッジ大学の両方に合格しました。

「僕は亡くなった妹たちを含めた7人分の人生を生きるんだ。7人分、世界に役立つ人間んいなる」
と瑛太は語ります。

<出典:日本講演新聞2021年3月8日号より抜粋>


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「感謝離」

7

8

<出展:https://buzzbuzz-net.com/kannsyari/?fbclid=IwAR1__VbOCSMZShuixHvFzHcnNOnpDH3-cK6qNLeqqYOFriikBegspW3zvj4>


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする
1 2 3 4 5 6 42