心の窓」カテゴリーアーカイブ

心の窓 「あの日の若いパパ」

「あの日の若いパパ」

電車や飛行機等の公共機関で、泣いている子供と困り顔の親を見かける度に思い出す場面がある。

今から18年ほど前、私にはまだ子供はおらず、全国に出張で身軽に飛び回っていた。

その日も名古屋から大阪に向かう新幹線に乗り、仕事の緊張感から解き放たれる束の間のひととき、車内販売のアイスクリームを楽しみにしていた。ところが、だ。

乗った瞬間から遠くで子供の泣く声がする。「しまった」と思った。

しかも泣き声はどんどん大きくなり、やがて車両中に響き渡った。

新聞に目を向けながらも明らかに不快な顔をする中年サラリーマン、舌打ちしながら寝た振りする大学生風の男性、私もさすがに態度には出さないものの、今の言葉で表現するなら「激しく同意」な心境だった。

見ると1歳前くらいの女の子の赤ちゃんと、若いパパの二人連れだ。

近くには育児経験のありそうな救世主になってくれる女性の姿は見当たらず、父親は泣き止まない娘を抱えデッキと車両を行き来するだけで、どう対応して良いか分からない様子だった。

迷惑にならないよう自分の胸に子供の顔をあて、なんとか寝かせ付けようとしているのか、少しでも泣き声のボリュームを小さくしようとしているのか、次第に赤ちゃんの声はかすれ、しゃっくりと嗚咽で心配になるほどだった。

ようやく大阪に着くアナウンスが聞こえた時には、今までで一番長い名古屋⇒大阪間だったと感じた。

きっと周囲も「やれやれ」と思ったに違いない。今ごろ泣き疲れて眠った子供と大きなバッグを抱えた若い父親が車両を出てゆく背中を、私は少し恨めしく見ていた。

その瞬間、まるで父親は車掌のようにクルっと振り返った。

そして、よく通る大きな声で

「皆様!お疲れのところ、またお寛ぎのところ、お騒がせしてしまい、大変申し訳ありませんでした!」

と、寝ている娘を抱えたまま頭を深々と下げたのだった。

私は予想外な光景に鳥肌が立った。

すると、一番強面なスーツ姿の男性が「みんな一緒だよ。気にするな」と慰め、次に他の男性が「このあとも頑張れよ」と励ました。そして車両内が拍手で包まれたのだった。

その同志感にすっかり乗り遅れた私は戸惑ったが、ホームを歩く親子の後ろ姿が見えなくなるまで心の中で祈り続けた。

「この先の道中は、無事に笑顔で目的地に辿り着けますように…」と。

もしかしたら、奥さんが下の子の出産で里帰りをしているのかもしれない、
祖父母に孫の顔を見せに行く途中だったかもしれない、
そして…、訳あって父子での新しい生活がスタートしたばかりだったのかもしれない。

どれも想像で答えはないが、人はどんなに迷惑をかけ失敗しても、その後の対処や誠意の見せ方で全く出来事の意味が変わるのを目の当たりにした。

「小さい子は泣いて当たり前。何が悪いの?」と開き直られれば反感もかうが、何とか最善の努力をしているその姿勢に共感と理解を得られれば、怒りさえ許しや励ましに変わる。

それは、もう顔も覚えていない若いパパから学んだ強烈な教訓だった。

あれから母親になった今の私なら、容易に想像がつく。

おむつが濡れてない?喉は渇いてない?お腹が空いてない?眠いんじゃない?熱っぽくない?等々…せめて子供の気を逸らすため微笑みかけるか、父親を経験談で安心させてあげるか、何らかの声掛けができた気がする。

あの時のお嬢さんも20歳近くなり「あの時は大変だったなぁ」と父親からしみじみ言われても「そんなの覚えてるわけないじゃん!」と笑い飛ばしているかもしれない。

そして父親は、昔の自分のような新米パパやママを見たら「大丈夫。みんなお互い様だよ」ときっと優しく微笑みかけている事だろう。

grape Award 2019 佳作
タイトル:『あの日の若いパパ』
作者:鈴木 ユミコ

(出典:https://news.headlines.auone.jp/stories/topics/story/13469616?genreid=1&subgenreid=3&articleid=13469616&cpid=10130086&news=topic&fbclid=IwAR0PIlrYLXfyWklcfdVCBZ6YU6v69roSMNNzVCGc6-XaOzmtg5MnqPynMnc)


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「日本一心のこもった恋文」

1

❤天国のあなたへ❤

娘を背に日の丸の小旗をふって
あなたを見送ってから
もう半世紀がすぎてしまいました

たくましいあなたの腕に抱かれたのは
ほんのつかの間でした

三十二歳で英霊となって
天国に行ってしまったあなたは
今どうしていますか

私も宇宙船に乗って
あなたのおそばにいきたい
あなたは三十二歳の青年
私は傘寿を迎える年です

おそばに行った時
おまえはどこのひとだ
なんて言わないでね

よく来たと言って
あの頃のように
寄り添って座らせて下さいね

お逢いしたら
娘夫婦のこと
孫のこと
また、過ぎし日のあれこれを話し
思いっきり、甘えてみたい

あなたは優しく
そうかそうかとうなづきながら
慰め、
よくがんばったねと
ほめて下さいね

そして、そちらの「きみまち阪」に
つれて行ってもらいたい
 春 あでやかな桜花
 夏 なまめかしい新緑
 秋 ようえんなもみじ
 冬 清らかな雪模様など
四季のうつろいのなかを
二人手をつないで歩いてみたい

私はお別れしてからずっと
あなたを思いつづけ
愛情を支えにして生きて参りました
もう一度あなたの腕に抱かれ
ねむりたいものです

力いっぱい抱きしめて
絶対に離さないでくださいね

   秋田県 80歳 T・Yさん
  『日本一心のこもった恋文』より


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「あるトラック運転手の男気」

あるトラック運転手の男気

「航空自衛隊のパイロットになりたい」それが中学三年生の瑠美子さんの夢だった。
その夢を叶えるため輪島市にある日本航空高校石川の推薦入試を受験することになった。

瑠美子さんがパイロットになりたいと思ったきっかけは、中学一年生のときTVで航空自衛隊の戦闘機「ブルーインパルス」の勇姿を見ての憧れだった。この気持ちをまず母親に話したが、案の定両親とも反対した。住まいは埼玉県川越市。一人で石川県に下宿しなければならない。私立校で学費が高いということも理由のひとつにあった。

実技を学べる魅力と強い決意を訴えての何度かの母親との話し合いの結果、ついに母親からは了承を得ることができた。そして母親は「ローンの手続き、その返済も私が何とかするから」と、父親を説得してくれた。瑠美子さんも「推薦がダメなら、県内の公立高校にする」という約束をした。

1月17日午前9時10分開始の試験に向けて、瑠美子さんは母親とともに前日の夕方、川越の自宅を出発、大宮駅で上越新幹線に乗り換え長岡駅で下車。そこから夜行列車で車中泊をしながら、計6路線の電車・バスを乗り継いでの大移動の計画であった。

ところが予期せぬ事態が起こった。長岡駅で乗り換える予定だったJRの金沢へ向かう夜行列車が、折からの豪雪で運休になってしまった。瑠美子さんは途方にくれた。翌朝の始発特急では間に合わない。これで夢は終わった。無情な雪は降り続く。母と立ちすくむ凍てつく静かなホームで、涙が止まることはなかった。

泣き続ける瑠美子さんを見て、母親が「絶対にあきらめてはいけない!」とたしなめた。初めは日本航空高校受験に反対していた母親がヒッチハイクをして輪島に向かおうと言い出した。長岡駅からタクシーで北陸自動車道長岡インター入り口まで移動し、そこで1人目の親切なトラック運転手の好意で上越市内までとりあえず移動することができた。しかし、日本航空高校石川までまだ270Kmある。

上越市では深夜営業のガソリンスタンドを探し、母娘は吹雪の国道を歩き始めた。歩道は150Cmの積雪のため、車道にできた轍の上を歩いた。途中、車が近づくと、オレンジ色の傘を広げ上下に大きく振って必死に合図を送るが、次々と通り過ぎて行ってしまう。吹雪が強まると、瑠美子さんには数メートル先の母親の姿がかすんで見える。真夜中の凍てつく中を約2時間半歩き続け、やっと一軒のガソリンスタンドに辿り着いた。

母娘はガソリンスタンドに立ち寄った車両に同乗を頼み続けた。寒風の中、数台に断られながらも根気よく金沢方面に向かう車を待つ。時折立ち寄る運転手に声をかけること1時間。時間が気になる。時計の針は午前4時半を指している。そこへまた一台大型トラックが入ってきた。母親は運転手の男性に駆け寄り、必死に乗せて欲しいと頼み込む。「金沢までならいいよ」と応じてもらえた。

「ヨコヤマ」と名乗ったその運転手は、山形県から日本海岸経由で神戸まで行く途中で、がっちりした体型で無口そうな印象の人だった。母親が「お子さんはおられるんですか?」と尋ねると、Tシャツ姿のヨコヤマさんは「自分にも同じ中3の娘がいる」と答えた。瑠美子さんは座席後ろの簡易ベッドで1時間ほど眠った。吹雪の中、トラックはひたすら走り続けた。

瑠美子さんが目を覚ますと、東の空は白み金沢市が近づいていた。すると突然ヨコヤマさんは「よし、輪島まで行っちゃる。うちの娘も受験生だから気持ちはよく分かる」と、ハンドルを右に切り、能登有料道路を北上した。

先行する車を次々と追い抜いたトラックが試験会場に着いたのは午前9時。試験開始のわずか10分前であった。事前に携帯電話から状況説明を受けていた高校側は、間に合わなかったときの対応も考えていたという。ところが、吹雪の中を疾走してきた大型トラックが正面玄関に横付けされる。それを見て「欠席か遅刻」と推察していた試験担当教員も驚いて出迎えた。

トラックを降りる瑠美子さんに、ヨコヤマさんは「頑張れよ」と声をかけた。「ありがとうございました。本当に助かりました。」とお礼を述べ、連絡先を尋ねる母娘と学校関係者に、ヨコヤマさんは「大したことはしてないから」とだけ口にし、何も告げずにアクセルを踏んで去って行ってしまった。

作文試験に臨んだ瑠美子さんは出題テーマを見て目を丸くした。テーマは「私が感動したこと」であった。初めは大反対していた母が「絶対にあきらめてはいけない」と励まし、懸命に車を探してくれたこと。見ず知らずの母娘を遠回りしてまで会場まで送ってくれたヨコヤマさんのこと。瑠美子さんは直前までの「感動」と「感謝」をありのままに綴った。

4日後の21日、瑠美子さんに合格通知が届いた。
高校側は車に書かれていた社名をもとにヨコヤマさんを捜し出し、瑠美子さんの合格を報告した。

「よかった、よかった」と、喜んでいたという。そして「当たり前のことをしただけだから」と、大げさにされることは勘弁して欲しいと付け加えたという。

出典:http://www15.plala.or.jp/mpsob/green/20100305_truck-driver.html


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「教え子からの遺書」

2

「教え子からの遺書」

徳永先生は、熊本県の歴史始まって以来、
30代の若さで小学校の校長になられたほど優秀でしたが、

「教員の仕事は、教壇に立って教えることだ」

と5年で校長を降り、自ら志願して一教員に戻った人でした。

だから、どの学校に行っても校長に嫌われるんですね。

自分より実力が上なものだから。

それで2年ごとに学校を出されてしまうんだけど
行く先々で教師たちが一番敬遠している難しいクラスを受け持って
みんなを勉強好きに変えてしまうんです。

徳永先生は、昼飯を食べない人でした。

なぜ食べないかというと、終戦直後、
昼の時間になると、弁当を持ってこられない子供たちが
さーっと教室からいなくなる。

それでひょっと校庭を見たら、
その子たちが遊んでいたんです。

その時から、自分もピタッと昼飯を食べるのを止めて、
その子たちと楽しい遊びをして過ごすようになりました。

以来、昼飯はずっと食べない人生を送るんですよ。

晩年になっても。

これは戦前の話ですが、

「明日は工作で切り出しナイフを使うから、持っておいで」

と言って、児童たちを帰したら、次の日の朝、

「先生、昨日買ったばかりのナイフが無くなりました」

という子が現れました。

先生は、どの子が盗ったか分かるんですね。

この生徒は、兄さんがすばらしく頭がよく、
いつも家で比較されて、偏愛の中で冷たく育っておりました。

学用品を買うのにも

「馬鹿タレ、勉強もできんものが、何を金が必要か」

と叱られるのです。

「あの子ではなかろうか」と暗然とした徳永先生は考えて、
一つの方法をとりました。

昼休みの時間、中には運動場に出ない生徒もいますが、
この日は、全員を運動場に出して遊ばせました。

それで、全員外に出して遊ばせているうちに、
盗ったと思われる子供の机を見たら、

やっぱり、持ち主の名前を削り取って、
布に包んで入っていました。

先生は、すぐに学校の裏の文房具屋に走って、同じナイフを買い、
盗られた子の机の中に入れておきました。

子供たちが教室に帰ってきた時、

「おい、もう一度ナイフをよく探してごらん」

と言うと、

「先生、ありました」

と。

そして、

「むやみに人を疑うものじゃないぞ」

と言うんです。

その子は教室の一隅から、うるんだ眼で先生を見たといいます。

それから時代が流れ、戦時中です。

特攻隊が出陣する時、みんなお父さん、お母さんに書くのに、
たった一通、徳永先生への遺書があったのです。

それは、あの日、ナイフを盗った子からのものでした。

「先生、ありがとうございました。

 あのナイフ事件以来、徳永先生のような人生を送りたいと
 思うようになりました。

 明日は、ポーランジャの空で僕は見事に戦死できると思います。

 その前にたった一言、先生にお礼を申し上げたい。

 あの時に、先生はなんにも言わないで僕を許してくださいました。

 死の寸前になってそのことを思い出し
 『先生ありがとうございました』とお礼を申し上げます。

 どうぞ先生、体を元気にして、
 僕のような子どもをよろしくお願いします」

というのが絶筆でした。

彼は昭和19年5月12日、
ニューギニアのポーランジャの空中戦で戦死しました。

若冠十九歳でした。

教え子から遺書を残された徳永先生、

愛しい教え子を死地に送り出さねばならなかったこの時代、
徳永先生は、深い悲しみに沈みこみました。

徳永先生はあの時、自分が彼と同じ境遇におかれたら、
これ以上の荒れ方をするだろうと考えたそうです。

「どうしてあの子を怒ることができただろうか・・・」

と。

今、その教え子の墓前には、
先生が植えた八重クチナシが大きく育っています。

出典:致知2008年3月<楽天知命>超凡破格の教育者徳永康起先生


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「天国からの映像」

1

【天国からの映像】

私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。

12月には長男が産まれます。

まず私の大好きなパパの紹介をさせて下さい。

私のパパは同い年のママと19歳の時に結婚して、
その年の冬に私を産みました。

いわゆる出来ちゃった結婚ですね(笑)

パパは高校へは行かずに、16歳の頃からバイクのレーサーを目指していたみたいですが、怪我でプロの夢は諦めたみたいです。

そんなバイクが大好きなパパが選んだ仕事がバイクで書類を配送する仕事でした。(当時はテレビ局のプレス(?)と私には言っていました。)

ママと結婚する時に、両方の両親からは大反対されたみたいです。

普通に考えて、家族を支える仕事としては、事故とか心配になりますよね。

でもパパはママの両親に「自分は命を懸けて仕事をして、命を懸けて家族を守るんです!それが自分なんです!」
と言って反対を押し切ってママと結婚したそうです。

でもそんな言葉が無残にも現実になってしまったんです。

パパは休みの日は絶対に私と遊んでくれました。

ご飯も一緒に家族全員で食べていました。

私のワガママも全部聞いてくれて、私が自転車の練習を始めた頃(4歳)には朝から夕方までずっと公園で一緒に練習してくれました。

雨でも晴れでも雷が鳴っても、絶対に保育園に迎えに来てくれました。

亡くなる前は、パパと毎日お風呂に入って、パパの細い腕枕で寝ていました。

忘れもしません。私が5歳、弟が3歳のパパが24歳の誕生日でした。

久しぶりに行ったツーリングの途中でガードレールにぶつかって、亡くなりました。

体を強く打って、即死だったみたいです。

病院に行った時に見た、白い布(?)を取ったパパの顔は、綺麗で、不思議な事に笑っていました。

幼かった私は「死ぬ」という意味が理解出来ずに、ただずっと泣いているママと、パパとママの親族、白い布で顔を隠した、暗い部屋に寝ているパパを弟と不思議そうに見ていた記憶を鮮明に覚えています。

でも亡くなってからお葬式が終わるまでは不思議と泣いた記憶がないんです。

パパにもう会えなくなるのは祖父母から聞いて多少理解していましたが、実感がなかった気がします。

お葬式が終わって、普通の生活に戻り、毎日迎えに来るパパが保育園に来ないで、迎えに来たママと弟に「なんで今日はパパは来ないの?」と聞いた時に

「パパはお空に行ったんだよ。これからはママと春樹と3人で一緒に暮らすんだよ。パパはもういないんだよ。」
と目を真っ赤にしたママに言われて

「やぁだ~。今日も明日もパパとバイクで帰ってパパと一緒にお風呂に入るの~!!パパとまた会えるの~!!」

と言ってその日はずっとパパの写真を握り締めて泣きながら寝ました。

私はその後の16年間、ずっとパパは事故で死んだんだと思っていました。

結婚式前日。

私は、式中に見えたら泣いてしまうので、「パパの遺影は最後の手紙まで、パパの席に置いておいてね!パパも私が笑ってる顔が1番好きだったから!」とママに伝えました。

ママは「OK。明日は頑張ってね!パパも天国から見てくれてるよ!泣くなよ!Fight夏海!」とすぐにメールを返信してきました。

この時点で私は泣きそうでしたが、翌日の式に読む、両親への感謝の手紙を書きました。

ママに読む文章は、凄い長く書きました。でもそれ以上にパパに読む文はママの倍以上書きました。

そして翌日、ついに式が始まります。お互いの友達や親戚、旦那の職場の人達、こじんまりした、手作りの結婚式でしたが本当に温かい結婚式が進んでいきました。

そしてついにフィナーレの両親への手紙を読む時がきました。

司会も私の友達にお願いしていて、「さあ、ここで新婦から両親への手紙です。ご両家のお父様、お母様、新婦様の前へお願いします。笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう!」

旦那の義父母に挨拶をして、ママへの手紙を読みます。

本当に号泣でした。

ママへの文章が終わり、パパへの文章の手紙を手に取ります。

「パパへ・・・、パパは・・・パパは私に凄い優しくて・・・」

言葉が詰まりました。あんなにたくさんたくさん書いたのに・・・。

ママの手にはパパの遺影。

ママの大粒の涙がパパの遺影に落ちて、まるで遺影のパパが泣いているみたいでした。

「パパ・・・、パパ・・・、・・・・・」

ふと司会の友達を見ると、「何分でも何時間でも時間をかけていい!天国の大好きなパパに気持ちを伝えろ!頑張れ!」とカンペが出ていました。

振り絞って声を出しました。

「パパ・・・、ずっとずっと大好きです・・・。パパ・・・」

もう何も言えませんでした。伝えたい事はたくさんあるのに・・。

そんな時です!

「なっちゃん!なっちゃ~ん!」

「えっ?パパの声???」

幻聴かと思いました。

司会の友達が、「さぁ~ここで、サプライズです!新婦のお父様から天国よりお祝いのメッセージが届いて・・・届いており・・・ますので・・・み、皆様も正面の大型ビジョンを、ご、ご覧下さい・・・。」

司会の友達も泣いていました。

私は訳もわからず大型ビジョンに目を向けると、そこには大好きだった亡くなる前のパパの姿が映っていました。

気付くとママが横にいて、ギュッと手を握り、「目そらしちゃダメだよ!」

なぜか、パパは病院のベットで当時お気に入りだった、アディダスのジャージ姿で映っていました。

「ママ?話してい~い?」

「もう始まってるんだけど(笑)早く言いなよ!」

懐かしい・・・。パパの声だ・・・。

「えぇ~、なっちゃん!結婚おめでとう!」

私はこの時、まったく意味がわかりませんでした。

「えぇ~、なっちゃん!結婚おめでとう!大人になったなっちゃんはママに似て美人になってるかな?」

この時私は横にいたママに「なんで?なんで?」と何回も聞きましたが、号泣してるママに頭をビジョンにグッと向けられて、「黙って見る!」と怒られました。

「なっちゃん、パパは今、病気と闘ってます。なっちゃんはまだ小さいからわからないかもしれないけど、パパの病気はとっても大変な病気みたいです。なっちゃんが大きくなるまで一緒にいれないかもしれません。ふぅ~・・・。パパは、なっちゃんが大好きです!本当に大好きで大好きで、すっごい大事なパパの宝物です。なっちゃん・・・たくさんワガママ言うけど、パパ、なっちゃんの事大好きだからなんでもワガママ聞いてあげたい!でもね、でもね・・・次になっちゃんがお願いするワガママはパパ、聞いてあげれないかもしれない・・・。グスッ・・・・。ママ~!泣くなよ!笑顔で撮るって約束したじゃん!ほらっ笑って!映しちゃうぞ~!」

「やめてよ~・・・グスッ・・。」

ママも若い・・・。懐かしい・・・・。

「なっちゃん!パパは病気で、あと、どんくらいかなぁ~?、なんて言えばなっちゃんには伝わるかな~?・・・あと、なっちゃんが30回パパと一緒に寝るぐらいしか出来ないんだって!でも、お薬飲めばもっともっとなっちゃんと春樹と一緒にお話たくさんできるみたいだけど、会えるのはお家じゃなくて病院みたい。そんなのパパは嫌だから、お薬飲まないでなっちゃんと春樹とママとお家にいる!なっちゃんは毎日ワガママ言うけど、パパも最後になっちゃんにワガママ言わせて!」

一回映像が止まりました。

ママが司会の友達からマイクを受け取り、話し始めました。

「本日はこのようなサプライズ企画をしていただきまして、ありがとうございました。私の旦那、新婦の父親は事故で亡くなりましたが、実はそれ以前に末期ガンだったのです。亡くなる前に「大好きな夏海と春樹の為に結婚式のスピーチビデオを撮らせろ!」と希望を受けまして残しておりました。そして大好きなバイクに、亡くなる前にもう一度乗りたいとの希望で、お友達様方と一緒に出掛けた際に発作が起き、事故を起こしまして亡くなりました。お祝いの席でこのような暗いお話はとお伝えましたが、新郎の彰君からの提案でこのような場を設けさしていただきました。本当にありがとうございます。申し訳ありませんが、もうしばらくVTRがございますので、お付き合い下さいませ。」

知らなかった・・・。日帰りの検査入院した時に撮っていたそうです。

だってパパが保育園に迎えに来なかった日は亡くなるまで一日もなかったし。

胸が締め付けられました・・・。

VTRは再度、スタートしました。

「なっちゃん、パパはずっとなっちゃんが大好きだよ!なっちゃんとお酒一緒に飲みたかったなぁ~。なっちゃんの子供抱っこしたかった!なっちゃんと春樹の成長ずっとずっと見たかった!でもごめん・・・。それはできないや・・・。でもね、なっちゃん、これだけはパパと最後の約束!・・・グスッ・・・グスッ・・・。」

パパが泣いてる顔、初めて見た・・・。

「・・・パパがいなくてもママの言う事を聞く事!春樹と一緒にママのお手伝いをする事!パパとママをずっとずっとずっとずっと・・・・・・・、大好きでいてね!パパが・・・・・死んでも、わ、わ、忘れないでね!グスッッ・・・、大好きなママのお腹に宿ってくれて本当にありがとう!産まれてくれてありがとう。短かったけど、たくさんチュウしてくれてありがとう、お風呂入ってくれてありがとう!なっちゃんは選んだ人とずっと一緒に幸せに暮らすんだよ!本当に今日は結婚おめでとう!なっちゃん、大好きだよ!ご、ご、ご、ごめん・・・ね。」

VTRが終わりました。

友達はみんな泣いていました。私もずっと泣いていました。

VTRが終わった途端、全員がビジョンに向かってずっとずっと拍手をしてくれていたのが忘れられません。

今でもパパは生きていると思います。

最後にパパに話しかけたのは、

「パパ~、今週のお休みはカラオケだよっ!」

「いいよ~、パパがバイクでお外行って帰ってきたらみんなで行こうね。」

あの時のパパの笑顔は一生忘れないと思います。

パパ、ありがとう

(出典:https://www.facebook.com/eeyaaaan/posts/2540446829532069?__tn__=K-R)


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする