心の窓 「お母さんの先生になる」

ゆうちゃんは学年で一番の成績である、新しく6年の担任になった女教師は、このあまり目立たないゆうちゃんが学年一番なのが不思議だった。

ゆうちゃんの親はどんなしつけをしているのだろうか、どんな塾に行かせているのだろうか、生徒の情報を見る限り母子家庭の一人っ子だからだ。

やがて家庭訪問の時期が来た。

家はおせいじにも綺麗とは言えない木造のアパートだった、母親はその日パートの仕事を休み先生の訪問を待っていた。

女教師は母親に聞いた、お子さんはどんな塾に行かせているのですか?

母親は、とんでもない私たちは母子家庭で私は3つの仕事を掛け持ちしていますが暮らして行くのが精一杯なのです、塾などとても。

それではお母さんが勉強を見てあげているのですか?

先生とんでもありません、私は子どもの頃から貧乏な家庭に育ち中学しか出ていません。

あの子が小さい頃に不慮の事故で夫とは死別しその後はあの子と二人っきりで誰にも迷惑をかけずに生きて来ました。

女教師は不思議だった、ゆうちゃんは勉強のすべてが学年でトップなのだ。

六畳一間の和室を見渡してもテレビも学習机も何がある訳でもなかった。

お母さん、ゆうちゃんが学校から帰ってからの様子を教えて貰えませんか?

はい、私のパートが終わるまでにご飯を炊いてくれています私はおかずを買って帰ります。

ゆうこはその日に学校で習った事を全部話してくれます。

科目毎にノートを見ながら私にも分かる様に分かるまで教えてくれます。

私は子どもの頃きちんと学校にも行けず、今沢山のことをゆうこが教えてくれるこの晩ご飯の時間が一番好きなのです、多分あの子も同じだと思います。

先生、これ以外に特別に変わった話しはありません。

女教師は思った、教育とは上から下に教えることじゃないんだ、教育とは興味を抱かして誰かの役に立つことを気づかすことなんだと。

幸せとはなんでしょうか?

気持ちが貧乏であるならば、どんなにお金や物があろうとも貧乏であり、気持ちに感謝があり今この時を楽しめれば本当に幸せだと思います。

ゆうちゃんのその後は人に寄り添う優しいお医者様になりました。


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA