心の窓」カテゴリーアーカイブ

心の窓 「学校に行きたくない子供へ」

タイでの実話を一つ、お話ししますね。

学校に行きたくない、と訴えた息子。
そんな発言に、たいていの花親はしかるところですが、彼女の対応方法は一風変わったものでした。

ある条件のもと、1日休むことを許可したのでした。道端のゴミを集め、お金を十分稼ぐのなら休んでもいい!

息子は喜んでゴミ拾いに励むため、両親と出かけました。
長い1日の清掃作業を終え、2キロ以上のリサイクルゴミ6セント相当を集めました。

2.2Kmも歩き回り、疲れ切った息子はもう歩くのもやっとです。
息子は無邪気に母親に尋ねました。

「バスで帰ってもいい?」
しかし、母親の予期せぬ返答に押さない息子は唖然とします。

「お金はあるの?バスの運賃は31セントよ」。
息子は首を振ります。
母親はしずかに続けます。

「じゃあ、もっとお金を稼豚目にはもっとボトルを集めないとね」
反論の余地もありません。
「分かったよ。歩くよ」と息子は言いました。

息子は再び、リサイクルゴミを探し始めます。
母親は、息子に水分補給をしっかりとして励まします。
途中で優しい男性に出会い、お菓子をもらいました。

しばらくして息子は母親にこう言います。
「アイスクリームが食べたい」
「10セントするのよ。お金あるの?」母親は尋ねます。

息子はがっかりして言いました。
「ううん、もういらないや」

母親は今日の教訓を伝えました。
「教育は子供にとって重要な機会なのよ。今日はお金の価値について学んだかもしれないけど、でも生きるために必要な知識は学校でさらに学ぶことができるわ」

息子は母親の言葉の意味をすぐに理解したようでした。
母親の教訓が息子の考えを変えたのです。

母親は息子にこう尋ねます。
「それであなたは働きたいの、学校に行きたいの?」
すると息子は大きな声でこう答えます。

「僕学校に行きたい」
厳しい経験を通して学ぶ教訓は、時として口頭で諭す以上に効果的なんです

(出典:イミシンhttps://www.facebook.com/imishin.jp/videos/1353246491444244/?hc_ref=ARQ3Tjad4x-ZrC3z7pEAD-0oGs-vVKbYPQbEwj4uxtppNAR-EvMBESeQJPvhqU_6tZs&fref=nf

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「クルーズ船の老婦人」

「クルーズ船の老婦人」~余生の送り方

ある男性が、老婦人がひとりでクルーズ客船に乗っているのを見かけました。

彼女は一人なのに、客船のスタッフたちととても親しそうでした。
男性はウェイターに、その老婦人が誰なのかを尋ねました。
しかし、ウェイターは老婦人がこのクルーズに4回連続で乗っている、ということしか知りませんでした。

ある晩のこと、男性がダイニングルームから出たとき、老婦人と目が合ったので、声をかけてみました。

「あなたは最近4回連続でこの船のクルーズに乗っていらっしゃるそうですね?」
と男性が尋ねました。

老婦人は答えました。

「そのとおりよ」。
男性はまた尋ねました。
「どうしてなんですか?」

彼女は答えました。

「介護施設より安いからよ。私は将来も介護施設にはいるつもりはないの。介護施設の料金は一日200ドルかかるわ。でもここなら、長期割引とシニア割引で135ドルですむの。残りの65ドルはチップか貯金にしてるわ。ここなら、すばらしい食事やルームサービスをその気になれば、毎日10回頼むこともできるのよ。プールやジムも無料だし、洗濯機と乾燥機も無料、毎晩ショーもあるわ・・・。歯ブラシとかみそり、石鹸にシャンプーも無料なのよ。被介護者じゃなくて、顧客として扱ってもらえるしね。5ドルのチップを渡せ伊庭スタッフたちは競い合うようにサービスしてくれるわ。テレビの故障とか部屋の電気ガチカチカする、そしてマットレスを交換してほしい、とか、すぐに飛んできて和砂の不自由を詫びてくれるわ。こちらから頼まなくても、シーツとタオルは毎日新しいし、お医者さんも常駐してる。」

これが老婦人の回答でした。なんな考えさせられますね。

(出典:クルーズ船で出会った老婦人 https://ntdtv.jp/2018/02/4322/

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「妻が願った最期の七日間」

新聞のコラムにありました・・・。
時間は命です。

1

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「着信150件」

ある方のブログより

「海外出張から帰国し、携帯の電源を入れると着信150件とあった」

一ヶ月ほど出張で海外に行ってた

帰りの飛行機は、帰りの日時だけ伝えて自分で取った
ちょっと観光したかったし
乗り換え込みで22時間くらいのフライトだったんだけど
今から乗りますと、会社に電話をして、後は当然携帯を切ってた

空港について、喫茶店で一息つきつつ携帯の電源を入れて軽食をとり
さて、会社に到着の連絡をするか、と携帯を開くと
着信150件

初めて見る着信数にパニックになりつつ、発信元を確認
会社と友人と親からだった

まず考えたのは身内の不幸
恐る恐る親に電話をすると、母が泣いていた

こりゃ不幸があったな、誰だ?まさか父親か?とgkbrしながら話を聞くと
昨日の夜俺のアパートの裏の崖が崩れてアパートが全壊しつつ押し流され
住人全員が行方不明になっていた

自分は無事であることを伝え、一旦電話を切り
会社、友人に連絡

会社では、向こうを立つ時の電話から、時間的にまだ帰国していないと思うが
乗り換えなしの便だと、最速では帰国している可能性も否定できない、と心配してくれて
社長の指示で社員の有志数人で救助活動に参加しているらしかった

慌ててアパートに向かうと、かなり手前から通行止めになっており
救急や消防が大勢で作業中だった

俺を見つけた同期入社の連中が、男泣きで抱きついてきて俺も号泣
小さなアパートで、俺以外は老人ばかりであまり親しくしていなくて
消防に住人の特徴や何かを聞かれてもほとんど答えられなかった

俺もそのまま救助活動に参加したが、結局住人の半数が遺体で見つかった
大雨が降ると思い出す、人生最大の修羅場

社長自ら重機に乗って、捜索活動をしてくれてた
俺を見ると「うおおおおおお」って涙鼻水全開で叫んでた

生存者がいてくれたのが救いだったな
会社からおにぎりや熱い味噌汁の炊き出し隊が来てくれて
社長が投光器や重機をバンバン出しくれた

この会社に一生を捧げようって思ったな

社長は土建屋上がりで見た目は怖いけど
尊敬できる格好良い男だよ

(出典:http://usagisokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-997.html

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「27歳の女性が亡くなる前に残した手紙」

今、オーストラリアで多くの人がシェアしている話です。

1月4日(木)の早朝に、27歳の女性がガンで亡くなりました。
その女性が亡くなる前に残した手紙を、ご遺族の方がFacebookに公開しました。
この一週間で13.4万件のいいね、2万4000件のコメント
そして約10万件のシェアがされています。

とても考えさせられる内容です。

『ホーリーから、人生のちょっとしたアドバイス』

26歳という若さで、死と向き合い始めるというのは少し珍しいことかもしれません。
なぜなら、多くの人はこのことに目を背けて生きているからです。
毎日は当たり前のように過ぎていきます、まるでそれがずっと続くかのように。

私もいつか歳を重ね、シワができ、白髪になることを想像していました。
他の多くの人がそう考えるように、たくさんの子どもに囲まれ
愛に溢れた家庭を築くことをいつも考えていました。

しかし人生は儚く、貴重で、予想できないものです。
毎日を生きることは、与えられた権利ではなく贈り物なのです。

私は27歳です。
まだこの人生を終わらせたくない。
私は自分の人生を愛していて、とても幸せなのです。
でも、もう私にはコントロールすることはできません。

私はただみんなに、些細で意味のないようなことにあまり心配しないで欲しいのです。
そして覚えておいて下さい。
最後にはみんな同じ運命が待っているということを。

なのであなたの時間を、価値のある素晴らしいと感じることに使って欲しいのです。
嫌だと思うことはしなくていいのです。

些細なことには寛大でいてください。
もちろんイライラすることはあると思いますが、引きずらないでください。
そのようなことで、周り人々の人生に悪い影響を与えないようにしてください。

イライラしてしまう時は外に出て深呼吸をして、新鮮なオーストラリアの空気を
胸いっぱいに吸い込んで下さい。

そして空の青さを、木々の緑を見てください。それらはとても美しいものです。
考えてみてください。
呼吸ができること、その素晴らしさを。

もしかしたら今日、渋滞につかまってしまったかもしれませんね。
あなたの愛おしい赤ちゃんが泣きわめくせいで、よく眠れなかったかもしれません。
美容師があなたの髪を短く切りすぎたかもしれないし
変えたばかりのネイルが欠けていたかもしれません。
自分の容姿が気に入らない人もいるかもしれません。

しかしそれらのことは些細なことです。
あなたが人生の終わりを迎える時、そんなことは考えないと断言できます。
人生全体で見れば、これらのことは本当にどうでもいいことです。

私の身体は日を追うごとに、どんどん痩せ細っていきますが
私の願いは、もう一度だけ家族と誕生日を過ごしたい
もう一度だけクリスマスを迎えたい
もう一度だけパートナーと過ごしたい

それだけです。
たったもう一度だけでいいから。

仕事がどれだけ大変だったか、エクササイズがどれだけハードだったかなどの
不満を訴える人がいますが、まずは身体が満足に動くことに感謝してください。

たとえ理想の体型でなかったとしても、健康でいられること
身体が機能すること、それだけで素晴らしいことなのです。
食べ過ぎに注意して、適度に運動をし、新鮮な食事で十分な栄養を与えてください。

そして、お互いを助け合いましょう。
与えて、与えて、与えるのです。
他者に与えることで得られる幸せは、この上ないものです。
私ももっとそれをしたかった。

病気になってから、多くの人が私をサポートしてくれました。
とても返しきれるものではありません。
そのことを私は一生忘れないでしょう。

あなたが死ぬときにお金を持っていてもなんの意味もありません。
自分の服を買う代わりに、誰かのためにそのお金を使いましょう。
あなたが同じ服を着ていても、誰も気にしません。

何より大切な人を食事に連れていったり、贈り物をすることは気持ちの良いことです。
その際に、大切に想っているという気持ちを伝えましょう。

自分のためにお金を使う際は、モノではなく経験に使いましょう。
ビーチに行って足を水につけ、つま先で砂を掘り、顔を海水につけてください。
自然を感じてください。

携帯の画面ばかり見るのではなく、ただその瞬間を楽しむようにしてください。
人生とは画面を通して生きることではないし、完璧な写真を撮ることでもありません。
大切な人との血の通う時間を大切にしてください。

早起きをして、鳥のさえずりに耳をすまし、朝日の美しい色を眺めるのです。
音楽を聴いてください。音楽はセラピーです。

犬を抱きしめてください。
携帯を置いて、友達と話をしましょう。
旅をしたいならしましょう。

生きるために働いてください、働くために生きてはいけません。
心が幸せに感じることをしてください。

ケーキだって食べていいのです。何の罪悪感もありません。
やりたくないことには、やりたくないと言いましょう。

他の人が考える理想の人生にプレッシャーを感じなくても大丈夫です。
平凡な人生を望んでも全く構いません。
愛する人に、毎日愛を込めて、愛していると伝えましょう。

そして覚えていてください。
もし何かが、あなたを不幸にさせたとしても、あなたにはそれを
愛など他のパワーに変える力を持っています。

この地球であとどれくらい生きられるか分からないのだから
そのようなことで時間を無駄にしてはいけません。
多くの人が同じことを言っていますが、これ以上の真実はないと思います。

とにかく、これは一人の若い女性からの人生のアドバイスです。
覚えていてくれても、忘れても、私は構いません。

あと最後に一つだけ、もし可能なら定期的に献血をしてください。
見過ごされがちだけど、一回の献血で3人の命が救えるのです。
これはすべての人が持つとても偉大な力です。
献血のおかげで、私は一年間も長く生きることができました。

大切な人たちと過ごすことができたこの一年間を、私は一生忘れません。
それは、私の人生で最も素晴らしい一年でした。

それでは、また会う日まで。

ホーリー

(出典:http://www.shunya-hitomi.com/entry/2018/01/10/113310

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする