心の窓」カテゴリーアーカイブ

心の窓 「母は赤べこになった」

読んでて、涙がポロポロこぼれたブログをご紹介します。
最後に出典もご紹介しています。

***

「弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった」

高校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。
なんだなんだ、一体どうした。

「良太が万引きしたかも」

良太とは、私の3歳下の弟だ。

生まれつき、ダウン症という病気で、知的障害がある。
大人になった今も、良太の知能レベルは2歳児と同じだ。

ヒトの細胞の染色体が一本多いと、ダウン症になるらしい。
一本得してるはずなのに、不思議ね。

「良太が万引き?あるわけないやろ」

ヒヤリハットを、そういう帽子だと思っていた母のことなので。

「ちゃうねん!あるんやて!」

ニコラスケイジを、そういう刑事だと思っていた母のことなので。

この手の岸田家大騒動は、本気にしてなかった。
どうせ勘違いだろうと。

でもね、母が言うには。

中学校から帰ってきた良太が、ペットボトルのジュースを持って帰ってきたそうで。
お金はビタ一文持たせていなかったそうで。
文無しだったそうで。
(息子を文無しって言うのも、どうなん?)

私は昔、拾った空のペットボトルに、泥水と雑草を絞った汁を混ぜて「ジェネリック綾鷹」を作り、 いじめっ子を騙して遊んでたんだけど。

どうやら、そういう話でも無いようで。

「ほうほう。で、良太は?」

母のお縄についた、我が弟に目を向けると。
口をへの字にしてた。
めちゃくちゃ、への字にしてた。

「お前これ冤罪やんけ!」ってくらい、見事な冤罪フェイス。

え?そんな顔できたん?
ビビった。

これは姉の威厳を、見せる時ですばい。

「お願い良太。いい子だから、よ〜く聞いて……」

ハリウッドの良い女を演じてみたけど、びくともしないの。

姉のユーモアが、かっぱ寿司のすし特急のようにただ滑りしていく。

そしたら、良太が気まずそうに紙を取り出した。
コンビニのレシートだった。

「良太お前これ大丈夫なやつやんけ!」

万引きじゃなかった。
岸田家に、一筋の光が差した。

レシートの裏面には
「お代は、今度来られる時で大丈夫です」と書かれてた。

……大丈夫ちゃうやんけ!!!!!!!!

焦りに焦って、コンビニへと馳せ参じる母。

すし特急のように気持ちが先走りすぎて、
「お詫び 今すぐ 緊急」でGoogle検索したら
「コンビニで買える菓子折り10選」が出てきた。

コンビニへお詫びに行くのに、
コンビニで菓子折りを買えとな。
童話「マッチポンプ売りの少女」って感じ。

到着するなり、母が「すみません、すみません」と頭を下げた。
それはもう、めちゃくちゃに下げまくった。
上を下への大騒ぎ。
のちの、神戸市北区の赤べこ事件である。

2

そしたら、あーた!

店員さんってば
「息子さんは喉が乾いて困って、このコンビニを頼ってくれたんですよね?」
「え?」
「頼ってくれたのが嬉しかったです!」
って。

え?天使?

この時の店員さん(オーナーだった)の笑顔を、母は一生忘れないと言った。
帰ってから良太は、赤べこからバチボコに叱られてた。

めでたし、めでたし。

で、こっからが余談。

赤べこん事件のあと、良太はお金を持って、コンビニへ行くようになった。
なんと、おつかいまでこなすようになった。

「牛乳と食パン買ってきて!」って私が言ったら、ドヤ顔で買ってきた時、母はちょっと泣いた。すごい、すごい、ありがとう、って。

一方、私は。

ご存知の通り、人としての器が刺身醤油皿ほどしかねえので。
弟だけが褒められるってのは、ろくすっぽ面白くねえわけで。

「ほんまにおつかいしてるんか?」と疑い、一度だけ、弟の後をこっそりつけたことがあった。

コンビニに入った良太は「こんにちは!」と言った。
店員さんが、良太に気づく。

「おー!良太くん、久しぶりやね。何か取ろうか?」
「だいじょうぶー」
「そっかそっか。いつもありがとうね」

店員さんとの会話まで成立していた。
姉もちょっと泣いた。

良太の発音は、不明瞭でとてもわかりづらいのに。
コミュニケーションがしっかり成立していた。
店員さんが、いつも耳を傾けてくれたからだと、思う。

元気よく「こんにちは」「ありがとう」って挨拶するように、一生懸命良太に教えた、母べこもすごい。

しかし、姉べこは目撃した。

母べこから「お釣りで好きなもん買ってええで」と言われた良太は、ギリギリのギリまで、自分のおやつを買っていた。

1,000円札を持っていって、会計が1,101円だった。

すると店員さんがこっそり「これ減らしたらちょうど良いよ」って。
商品を抜いて。
998円とかになっていた。

母べこに返すお釣り、2円。

稲葉浩志が生まれなかったら「ギリギリchop」という歌は、良太がしたためていたと思う。

そんで、姉べこは。

鬼の首を取ったかのように「良太、ズルしてたで!それに比べて、私やったら完璧におつかいできるわ!」と言ったら、母べこは引いていた。

姉べこだって褒められたいもの。

そんなこんなで、今日も良太は、生きている。

一人で散歩し、バスに乗り、コンビニで買い物している。

でも、本当は一人じゃない。

だって良太には、できないことがたくさんある。
それを補ってくれているのは、地域の人たち。
バスの運転手さん、コンビニ店員さん、犬の散歩をしているお爺さん。

暖かく見守って、つまずいたら手を差し伸べてくれている。

その度に、赤べこ家族は、お礼を言いに行く。
皆は口を揃えて「こちらこそ嬉しかった」と言ってくれる。

「障害のある人とどう接したら良いか、良太くんから教えてもらった」とも言われた。

良太の小学校の同級生のお母さんから
「この子、良太くんと一緒のクラスになってから、自分の弟にも優しくなったんです」と言われた時、赤べこの親子は、わんわん泣いた。

そして、神戸市北区の新しい工芸品となった。

相手が気を遣って言ってくれたのかもしれないけど、
ちょっとだけ私は、優しい世界を期待したい。

そんでもって。

助けられてばかりの良太だけど、良太だって人を助けてる。
母は車いすに乗ってるから、気軽にコンビニへ行けない。
そのくせ、脈略なくいきなりどん兵衛を所望する。
だから、おつかいに行ってくれる良太は、ヒーローだ。

車いすの押し方だって、私より良太の方が上手い。
街中で車いすの人が困っていたら、良太はきっと、誰よりも先に駆けつけると思う。

さあ行け、良太。
行ったことのない場所に、どんどん行け。
助けられた分だけ、助け返せ。
良太が歩いたその先に、障害のある人が生きやすい社会が、きっとある。

知らんけど。

出典:https://note.mu/namirairo/n/n28c8d62e0eee?fbclid=IwAR3uGjnO_w4eBtxCfYhaaEolmRu4jWK__NcTojW0uI6_fb6XDPBgnaSsyqU


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「白馬とハエ」

2

「白馬とハエ」

私が講演でよく使うネタ「うんことハエ」はおなじみですか、白馬とハエという話もあります。

一晩で千里を走る駿馬がいます。
そのお尻にピタリととまったハエ。彼も一晩で千里を移動します。

もちろん、振り落とされないように、しがみつく努力は必要です。

優秀な人、成功者、運気の高い人のそばにいれば、一緒に目的を達成するということなんです。

私が知人に電話して、いい情報があるから会わないか、というと
「その情報すぐに取りに行きます!」という人と、
何か勧誘されるのでは、
と会うことも拒否する人とに分かれます。

その時には、私の信用はそこまでか、と反省するのですが、
聞くだけ聞いてみたらいいのに、私のそばにいたらきっといいことあるのに、
と思います。
でもそれは仕方ありません。

「成功する人は、成功者のそばにいる」ということが、実は一番早いのです。


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「花瓶の水事件」

ある田舎の小学校に、東京から1人の女の子が転校してきました。

都会からの転校生に田舎の生徒たちは大変興味があって、

その子の周りにやって来ては、

・それは何?
・その服はどこで買ったの?
・その髪型は何と言うの?

といった質問を浴びせます。

しかしその女の子はというと、内気でおとなしくシャイな子供だったので、

周りの質問にちゃんと答えられず。

・わかんない
・お母さんに買ってもらった

など、恥ずかしがって答えていました。

クラスにはどこの学校にもいるような元気で活発な男の子がいました。

その男の子は、勉強がそんなに出来る訳ではないのですが、

スポーツは得意で明るく、クラスのムードメーカーといった立場でした。

わんぱくでお調子者であるが故に、時には、イタズラや悪ふざけが過ぎて他の子供を泣かせる場面があり、

先生も手を焼いているのですが、何故かクラスの人気者でもありました。

そんなクラスである日その事件は起こったのです。

それは授業中でした。

「先生、花の水を代えてきます!」

その男の子が突然立ち上がり、教壇の横に置かれた花瓶を手にし走り出しました。

今まで花の水を気にしたのを見たことがありませんし、ましてや授業中の出来事です。

「コラ!何やっている、今授業中だぞ。花の水換えはあとでいい!」

っと、呆気にとられながらも反射的に先生が大声を出した時、

不運にも事件は起きました。

クラスの中でも大人しいその転校生の女の子の席で男の子が止まったかと思うと、

彼女の頭の上に花瓶をひっくり返したのです!

一瞬、教室内が凍りついたように静まり返りました・・・

花瓶の水が女の子の足元まで水浸しにして、

床には花瓶に差してあった黄色やピンクの花が散らばっています。

静まりかえった教室は次の一瞬

「あーあ!あーあ!」の大合唱。

女の子達は、男の子に対して非難の声を上げ、

男の子たちは面白がっている状態です。

「わざとやったんだよ」
「かわいそー」
「ひどいよー」

しまいには口笛を吹いて面白がる始末です。

こうなると先生が幾ら言っても無駄です。

普段から大人しくてシャイな女の子は、みんなの注目を浴びて

かわいそうなほど小さくなっています。

そんな2人の所へ先生が駆け寄りました。

「どうしてこんな事をやったんだ」

と先生が怒っても男の子は何も答えません。

ただ「ごめんね。ごめんね・・・」と言いながら、男の子は申し訳なさそうに、

俯き固まっている女の子に頭を下げると、すかさず教室の後ろからバケツと雑巾を持ってきて

こぼれた水を拭き始めました。

びしょぬれのスカートで座ったままの女の子は

本当に気の毒なくらいに押し黙っています・・・

先生が女の子を着替えさせる為に保健室に連れて行った時、

大騒ぎするクラスの中では、男の子は理由を話さず黙ったまま

床にこぼれた水を拭いていました。

この時、生徒たちの気持ちの中には

「人気者だったのに、あんな事をする奴なんだ」

と男の子を非難する思いが残りました。

そしてこの出来事は、クラスで「花瓶の水」事件として、永く記憶に残る事になったのです。

それから数年後、生徒たちも20歳になりました。

田舎の成人式には、町を出て行った子供たちも帰ってきていたので、

久し振りにクラス会が行われました。

あの時水をかけた男の子もいました。

水をかけられた女の子も東京からやって来ました。

そして会も盛り上がり、集まったクラスの一人一人が

小学校時代の思い出を話しだしました。

その時、水をかけられた女の子が小学校時代の一番の思い出を語るときに、

この「花瓶の水」事件を話してくれました。

そしてその話を聞いたとき、

当時のクラスメートと先生は

「思っていた話とは違う!」

と誰もが思ったのです。

なんとあの時女の子はトイレを我慢し、おしっこを漏らしてしまっていたのです。

それを見つけた男の子はクラスメイトにバレないように隠そうとして、

とっさに思いつき花瓶の水をわざとかけたのでした。

数年後、クラス会のときに明かされた真実にクラス中の生徒が驚き、

男の子に対し大きな拍手が湧き起こったそうです。

世の中には、「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」があるという事を考えさせられる話でした。

自分が悪者になってまで女の子を守る姿に感動です。

女の子もその男の子の名誉回復の為に精一杯の勇気を振り絞って

自ら告白したこともとても素晴らしいことです。

出典:https://matomake.com/I0003247


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「一枚の紙きれ」

私の息子は、現在21歳。
16歳の頃から、丸5年間引きこもっています。

高校でいじめに遭い、それ以来学校もやめ、引きこもり始めました。
いじめから救ってあげられなかった私たち夫婦のことも相当恨んでいる様子を見せ、トイレと風呂・食事を受け取る時以外、一切私たちとも口を利きません。
何度も声をかけ、外の世界に戻してあげたいと努力を重ねましたが、力不足なのか、息子の心の壁を開くことができませんでした。

高校の教師、カウンセラー、精神科医など、あらゆるところに相談しても、いずれも効果はなし。
どうすればいいのかわからず、妻も精神を病みそうになるほど、家庭の雰囲気は最悪なものでした。
絶対に返事が返ってこないことがわかっているのに、なんとか諦めず、声をかける日々。
そんな私も正直、気持ち的にとてもギリギリな状態でした。

そんな日々が5年続いた、つい先日。
今までリビングに息子が来ることなど一切なかった息子が、何かを持って、突然リビングにやってきます.

「どうした・・・?」

突然やってきた息子に、なんて言葉を投げかけていいかもわからない。
妻も驚きながら、私のところにやってきました。
息子がきたことに戸惑いを感じてしまう自分にも、強い嫌気がさします。

すると息子は、ボソッとした声で、「これ」と言いながら、手に持っていたものを差し出し、再び部屋に戻っていきました。

息子が渡してきたのは、何か文字が書き綴られている、一枚の紙きれ。

そこには、私たちを思いやる、優しくも儚い息子の心の声が綴られていました。

—————————————–

お父さん、お母さん

こんな息子に毎日食事を作ってくれてありがとう
こんな息子に毎日声をかけようとしてくれてありがとう
こんな息子に毎日生きてと思ってくれてありがとう

このままじゃだめなのは、自分自身よくわかってる
けど、自信がない
人と話すのも、触れるのも、本当にすごく怖い
これを書いている今も、手がふるえる
多分、渡すときも、手がふるえる
こんな自分が恥ずかしくて、しょうがないから、一人でいるしかないんです

最低な息子でごめんなさい
でも、この家に生まれてよかったと心から思っています
こんな息子を見捨てないでくれて本当にありがとう

少し時間がかかるかもしれないけど、少しずつお父さんとお母さんと話したいです
その時は、どうか暖かく応援してやってください

——————————————–

妻と二人でこの手紙を見て、二人とも涙が止まりませんでした。
ずっと、感謝をしてくれていた。
そして、前を向こうと一生懸命頑張っている。

そんな息子の気持ちに、溢れる気持ちが止まりません。
今までの5年間の苦悩が、一瞬で報われたと思えるほど、一枚のこの紙に綴られていたメッセージは私たちの心に響くものでした。

妻と二人で息子の部屋にいき、5年ぶりに部屋の中に。
大切な大切な息子だということを伝え、全力で抱きしめました。
こんな時間が一生来ないような気がしていたのに、その瞬間からたくさんの希望を感じることができました。
そんな出来事から二週間ほど。
ようやく、冗談が言えるくらいまで、息子と会話ができるようになりました。

私たちには、まだたくさんの時間があります。
ゆっくりゆっくり、一歩ずつ、家族3人で前に進んでいきたいです。

【引用元】


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする

心の窓 「夫婦の関係~妻の言葉」

「夫婦の関係~妻の言葉」

夫婦仲が良く、どこに行くにも二人一緒だった老夫婦がいます。
出会った時から、いつも夫が引っ張ってくれていました。
妻が乗った車椅子を押してくれたのも夫でした。

そして・・

c4ca4238a0b923820dcc509a6f75849b

c81e728d9d4c2f636f067f89cc14862c

eccbc87e4b5ce2fe28308fd9f2a7baf3

出典
pic.twitter.com/uUjE5r7B13


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 | コメントする