体験 ピアノ工場見学体験記

ピアノ工場見学体験記          by りいの

見学に伺ったカワイグランドピアノ工場 は、浜松市の隣り、竜洋町にあります。
地図で見ると、浜松市内からは結構距離がありそう。
「浜松から行くとすると、タクシーでどれ位かかるんだろう?」と、ちょっと不安に思っていたら、
「天竜川までバスで来て、そこからはタクシーで行くといいですよ」
とアドバイスをいただき、ひと安心。

浜松駅前から竜洋方面へ向かうバスに揺られ、30分。
天竜川が見えてきました。
「おっ、いよいよだ!」と意気込んでバスを降りたところまではよかった。
ところが、ぐるっと辺りを見回しても、あるはずのタクシー会社が見あたらない。
「た・・・大変だぁ!」

浜松郊外では、まずタクシーは拾えないと聞いていたので、大あわて。
同じバス停で降りた人を追いかけていき、タクシー会社の場所を教えてもらい、
その方向へ歩いていくと「タクシー待合所」と書かれた建物を発見。
そこには、休憩中の運転手さんがひとり・・・ホッ。
すぐにタクシーを出して下さったので、いよいよ工場へGO!

途中、「カワイ竜洋工場はこちら→」という看板を見つけました。
のどかな畑の風景が続く中を、車は工場目指して走り抜け・・・と、
右手に背の高い樹木が見えてきて、「森の中の緑の工房」竜洋工場に到着。
風にさやさやと揺れる緑にすがすがしさを感じつつタクシーを降りると、
受付の方が笑顔で迎えて下さりました。

建物の中には音楽が流れていて、良い雰囲気。
応接室でドキドキしつつ待っていると、本日案内して下さる担当の方登場!
ごあいさつのあと、ピアノのこと、工場のことを中心にお話を伺いました。
竜洋工場は敷地の50%が緑地化されており、
人と環境にやさしい企業を目指していることが評価されて、
ピアノメーカーとして世界で初めてISO14001規格を取得したそうです。
グランドピアノ専用工場として歩み始めて20年。たくさんのピアノを作り出してきた
歴史とともに、当時植樹したばかりだった木々(1万5千本!)も、
今や立派な樹木に成長したそうです。

お話のあと、ビデオを見せていただき、ピアノ歴史資料室 へ。
そこには、ピアノを作る時に使うノコギリやカンナが展示されており、
まるで大工さんの道具を見ているようでした。
ハープシコード・クリストフォリのピアノ・ハンマーフリューゲルの復元品、
現代のピアノも並んでおり、音のしくみにそれぞれの特徴があって、
ピアノの進化がよくわかりました。
そしてもう1台、ひときわ目を引く年代もののピアノが・・・
それは、カワイのグランドピアノ第1号でした。
このピアノ、73才になるそうですが、「えええっ!?」と思うくらい良い音なので、
びっくり!しました。

いよいよ工場へ。

すご~い!広~い!

まさに「ピアノ製作現場」という感じ。
ピアノが作られていく過程を、わかりやすく説明していただきながら見学。
それにしても、ものすごい数の部品!たくさんの工程!
どれひとつ欠けても、ピアノはできないのですね。
そのことのスゴさに感動!
そして、職人さんが真剣に黙々と作業に打ちこんでいる姿に、さらに感動!
側板の研摩、フレームの取り付け、張弦、アクションの組み立て、
アクションユニットの調整、調律、整音・・・などなど、どれもスゴイ職人技です。
ハンマーを安定させるための自動打鍵機は、一斉に忙しく動いていました。
最終仕上げのところでは、きれいに外装を磨かれて、ピアノの出来あがり!

検品室 には、試弾を待つピアノ達がズラリ。
ここで、自分にとっての「とびっきりの1台」を選ぶことが出来るのですね。

そして、これから出荷されていくピアノがズラーッと並んでいる光景は、圧巻!
その中に1台、クリスタルグランドがありました。
よく、テレビでミュージシャンが弾き語りしている、あの透明グランドピアノです。
しっかりと個性を放っていました。

工場をひと通り見せていただいたあとは、研究所へ。
まず、無響室 。
私が伺った時は実験をしていなかったので、見学することができました。
吸音くさびで取り囲まれた部屋の中(空中に浮いた状態)にネットが張ってあり、
その上にピアノを載せて実験するのだそうです。
私もネットの上に乗ってみましたが、足元がアミアミなので、落っこちそうで怖かったです・・・。
とてつもなく厚いドア(2メートルくらいありそう)にも、びっくり!
全く音が反射しない部屋なので、耳はふさがれた感じになり、
自分の声も手をたたいた音も全く響かないので、とても不思議な感じがしました。

次は、試聴室 へ。
そこには、もうすぐコンサートホールへ納品されるフルコンサートグランドピアノ
「EX」がありました。
EXの深みのある素晴らしい響きに、大感動!!
そして、かがんで下からピアノをのぞいてみたりもして(支柱の太さにびっくり!)、
いろいろな角度からEXの素晴らしさを感じることができました。

Xジャパンのヨシキモデル(鍵盤蓋に「Yoshiki」と刻まれている!)、
200万台記念ピアノなども展示されており、いろいろなピアノに会うことが出来ました。

そういえば・・・

見学している時、職人さんと目が合うことがあったのですが、
みなさんお仕事お忙しいのに、会釈して下さったんですよ。
それがとても嬉しかったです。

ピアノはやっぱり「人」が作っているのですね。
人の心がいっぱい詰まったピアノ、大切に弾き続けたいと思います・・・。


りいのさんはピアノが大好きで、浜松への仕事のついでにピアノの工場の見学に行かれ、
大感激して帰って来られました。ホントに超感動の半日だったようです。
その興奮冷めやらぬうちに、ぜひ皆さんにお伝えしていただけないかとお願いをして、
今回体験記を書いていただきました。
皆様も、浜松へ旅行される機会がありましたら、ピアノメーカーの工場見学をされたら
いかがでしょうか。自分のピアノがもっと好きになると思いますよ・・・。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: あなたのピアノ体験記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です