体験 ピアノ選び体験記① by らみい

(音楽大好きママ「らみい」さんと共同企画)

はじめに

  らみいは2001年、ピアノを買いました! A社とB社のピアノについて検討しました。

  ここではその体験談についてご紹介したいと思います。

  初めに断っておきますが、決してこれから、メーカー批判をしようというのではありません。

  A社とB社のどちらのピアノがよい、というようなことも申しません。

  それぞれに違った特性があります。

  また、人によってピアノに求めるものも違います。

  したがって、自分に合ったピアノ、それがその人にとってよいピアノということになります。

  これから、書いていくことはあくまでの私個人の体験と意見です。

  同じピアノを目の前にしても全く違う感想をお持ちになる方もいらっしゃると思います。

  あえて、体験談を語ろうとするのは・・・ピアノを買うというのは、一生に何度もあることではなく、

  それに大変高額な買い物ですので、いろいろと迷う方も多いと思います。

  それで今後、ピアノを買おうという方の参考の1例になれば、と思ったからです。

  (文中に出てくる品名は、社名をイニシャルにしてある都合上、実際のものとは異なります)

  自分自身、専門の方から助言を受けたことによって、大変よかったと思っています。

  と、いうわけで、このページは「ぴあの屋まーちゃん」の助言とともに進んでいきます。

  では。

——————————————————————————–

  ピアノとの出会い

  私のうちにまず初めにピアノが来たのは、6才のときでした。A社のアップライトピアノ。

  それ以上のことは今となってはわかりません。そのピアノには音大入学までの間お世話になりました。

  そして音大1年のときにグランドピアノに買い替えました。

  A社の、グランドピアノでたしか1番小さいサイズのものだったとおもいます。

  というわけで、私はずっとA社のピアノを弾いていたわけです。

  小学校~高校の学校にあるピアノというのもA社だったし、

  ピアノ先生のお宅にある楽器もA社、発表会などのホールにあるピアノもA社、

  大学のレッスン室にあるピアノもA社(もしくはスタ○ウェイ)と、ピアノといえばずっとA社でした。

  と、いうわけでピアノと言えば私の中ではA社だったわけです。

  さて、音大には「ピアノ練習館」というものがありました。

  4階建てで、ピアノを練習するための個室がびっしり詰まった建物です。

  ちょっと想像してみて下さい。

  音大生が朝から晩まで入れ替わり立ち替わり、ガンガン練習するわけです。

  そこにあるピアノ(アップライトです)ですが、当然そうとう激しく消耗していました。

  それにおそらくもともと中古品をいれてあるでしょう。

  鍵盤はスカスカ、音はキンキンです。

  しょうがないので、わざと消音ペダル(真ん中のペダル)を踏んで練習している人もいました。

  練習館にあるピアノもほとんどがA社のピアノでした。

  その中で5台だけB社のピアノがありました。私はそこで初めてB社のピアノというものを弾いたのです。

  そのピアノももちろん、そうとう激しく消耗していました。

  しかし練習館の他のA社のピアノに比べれば、音もそれほどキンキンしていなくて、

  タッチももうちょっとしっかりしているような気がしました。

  そのため私は当時「B社はA社のピアノに比べると耐久力がある」というふうに思いこみました。

  そして、練習館においてはB社のピアノが私のお気に入りとなりました。

  しかし、大学卒業後、新品のB社のピアノや、よく調整されたB社のピアノを弾く機会がありました。

  そこで私は、B社のピアノに耐久力があるからというのではなく、

  あの音色やタッチは、B社のピアノが本来持っている特性によるものだ、

  というものがわかったのです。

  そして、結婚後は集合住宅に住むことになったため、グランドピアノは手放すことになってしまいました。

  ピアノから離れて○年・・・私はついにピアノを買おうと思ったのです。

 
—————————————————————————-
———–
  B社のピアノって?!

  ピアノを買おうと思ったのは、長女が習い始めたことがきっかけでした。

  以前からB社のピアノに興味を持っていましたが、

  偶然にも長女の音楽教室がB社だったので、こちらのピアノを検討してみようと思いました。

  それでB社の直営店に行って、店頭にあるピアノをちょっと弾かせてもらいました。

  自分が以前から感じていたイメージとほぼ同じだと思いました。

  ただ、そのときは2人の子どもをつれていたので、試弾といえるほど弾くことはできませんでした。

  数日後、A社の特約店に行って来ました。

  やはり子連れだったので、ちょこっとしかさわれなかったのですが、

  B社のピアノとは音やタッチが違っていて、自分にはB社の方があっているような気がしました。

  (わたしのピアノについての好みや、自分が感じたA社、B社の特性については、後で述べます)

  というわけで、B社のピアノを検討していくことにして、担当の営業さんと、試弾の日程のうちあわせをしました。

  前回行ったときは、調律の狂っているものもあり、よくわからなかった点もあったので、

  自分が行く日までに調律しておいてもらいました。

  さて、試弾の日、今度は子ども2人はあずけてきたので、ひとりでゆっくり弾くことができます。

  ところが弾き初めて、あれ?と思ったのです。

  調律してもらったのに、なんだか音のつぶがそろっていないのです。音色も今ひとつです。

  店にある楽器をいろいろ弾いてみましたが、どうも納得のいく音がでているものがありません。

  うーん、B社のピアノって実際のところどうなんだろう?!

  急に心配になり、ほぼB社のピアノで決まりかけていたものがぐらぐらとゆらぎはじめました。

  その日、私はネットで検索に検索を重ね、「ぴあの屋ドットコム」というサイトにたどり着き、

  いきなり相談のメールを送ったのでした。

  まーちゃんさん、

  こんばんは、はじめまして。

  ぴあの&エレクトーンウエブリングでそちらの サイトにたどりついた「らみい」というものです。

  実は現在ピアノを購入しよう思っています。

  自分は音大出身で学生時代はA社のグランドピアノを 所有していましたが、手放してしまいました。

  今は住宅事情からアップライトピアノを買う予定です。

  それで今日、B社のピアノ屋さんに行ってきました。

  B社はA社に比べると出回っていないので、 今まであまり弾く機会がありませんでしたが、

  タッチは個人的にはA社よりB社のほうが好きです。

  今日も弾いてみてそう思ったのですが、 ただ、音色がいまいちでした。

  なんだか薄っぺらでキンキンした感じがしたのです。

   数日前にも行ってみたのですが、そのときは

   完全に音が狂っていたので、調律してもらいました。

  それでもなんだか狂っているような気がしました。

  久しぶりに弾いたので自分の耳が狂っているのかな と思いましたが、

  その後、消音ピアノで消音にして弾いてみたところ (つまりデジタルピアノの状態)

  こちらはとてもよい音色で音程もばっちり。

  あたりまえですね、グランドピアノからサンプリングしているのですから。
  まあ、音色はともかくとして、やはり音はちょっと狂っているようです。

  店の人は急いでいたのでじっくり調律できなかったといっていましたが、

  こんな音しかしない楽器なのかなあ、とちょっとがっかりしました。

  これは展示品ということもあり、新品はもっとよい音がするということで

  また、調律によって音色も好みのものに変えられるということなのですが。

  それで、やっぱりB社よりA社のほうがいいのかなあ、

  と思って今度の水曜日にはA社のピアノ屋さんに行くことにしました。

  B社には木曜日に返事をすると行ってあります。

  と、いうことで、率直な質問。

  B社のピアノってどうなんでしょうか?

  是非、アドヴァイスをお願いいたします。

  そして、すぐに石山さんから返事が来ました。

  らみい様

  初めまして。メールありがとうございます。

  私はB社へ10年勤務していましたので、特にB社ピアノには 一般の調律師の方々よりは、

  理解しているつもりです。 私で分かる範囲でお答えしますね。
  さてアップライトピアノですが、どの器種を試弾されたのでしょうか。

  音大出身の方でしたら、グランドピアノのイメージが強く残ってられると 思いますので、

  多分弦の短いピアノ(背の低いピアノ)では、 確かに物足らないと思います。
  B-50やB-70(仮名)は、背の高さが125cmですのでもう少し大きい(132cm)

  B-60が一番お勧め機種です。B-80と中身が全く同じでデザ インが 違うだけです。

  値段と性能が一番つりあったピアノだと思います。
  B-7は背の高さが113cmと、だいぶ小さいので音量も小さく、

  とてもじゃなく音大出身の方のパワーにはついて行けません。

  展示品の調律は確かに、良くありません。音色のバランスとタッチをみて下さい。
  そして、購入を決められたら、私のページでもお話していますが、

  必ず試弾したピアノを指名して、納品してもらってくださいね。

  同じ器種でも違うんですよ。
  A社もB社も、要は好みです。私はA社のほうは、音色が固めで 調律は疲れやすいのですが、

  これも器種によってはとても良い響きのものもあって 一概に言えません。
  まずは、A社も弾いてみて比較をしてみましょう。

  A社を弾くときも背の高さを注意してください。

  出来るだけ背が高いピアノ(弦が長いピアノ)が間違いなくグランドピアノに近い響きがします。

  ただし、背が高くなるほど値段も高くなります。

  ご予算を見ながら、出来るだけ自分の納得の行くピアノをお探しください。

  B社の音は、スタ○ウェイ社がB社の工場でボスト○ピアノを作らせているよう に、

  低音の重厚さや音色のソフトさでアメリカやヨーロッパで抜群の信頼を得ています。

   但し、高音の音の伸びやコロコロ感はA社のほうが勝っています。

  最終的にはご自分で判断してくださいね。

  こんなところでよろしいでしょうか。

  また、結果もお知らせ下さいね。

  それでは。

  次号につづく・・・

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: あなたのピアノ体験記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です