リメイク ビフォアーアフター キャスター編

久々のリメイクビフォアーアフターです。

本日は目に触れる事のない縁の下の力持ち、キャスターのビフォアーアフターです。

動きが渋い場合は潤滑油で良くなる事が多いのですが、全く動かない場合も多々あります。

設置してしまえばまず動かさないので気になりませんが、倉庫内を移動させる時には1つ動かないだけでも重労働に変わってしまいます。

まずは整備前の写真です。

錆びが中にまで入り込んで固着してしまっていました。見えている錆びは大きく問題は無いですが、軸の中まで錆びている場合は分解が出来ないのでとても厄介です。

そこで、鉄錆び用の錆取り剤を使ってみました。

名前は「花咲かG」バイク用品屋さんで売っていますよ。

使い方は容器にキャスターを入れ錆取り剤を注ぐだけです。

見える錆びはすぐに落ちてきますが、軸内部の錆を落としたいので軸が十分に浸るまで注ぎます。

臭いがきついので外で2時間ぐらい置いておきました。その間別の作業が出来るのが嬉しいですね。

浸け置き後はまだまだ堅く回らない事が多いですが、工具でつかみ少しずつ動かすとだんだん動きが良くなってきます。

錆取り剤は強力になり、薬剤が残っていると新しい錆、腐食の原因になります。

そこでパーツクリーナー(脱脂剤)を使用し、部品の洗浄します。

パーツクリーナはホームセンターにもあり、車、バイクの部品の洗浄に良く使われます。

パーツの洗浄後はエアスプレーで隙間に残った薬剤を吹き飛ばします。

コンプレッサーで貯めた圧縮空気を使いますので、ちょっとした隙間などの埃取りにも便利です。

最後にしっかりと給油し動きを良くし、錆を抑えます。

作業後比較画像

キャスターは普段気になりませんが、日々ピアノの重量を受けている部分です。

意外とここの動きが良いとそれだけでも嬉しくなってしまいます。

桐迅

 

 

 

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
ヒサちゃん

ヒサちゃん の紹介

流れ、流れてこの会社に流れ着きました。 もともとバイク関連の仕事をしていたので調律師ではございません!! ピアノは素人ですので、素人目線で皆様のお力になれたら幸いです。
カテゴリー: リメイク パーマリンク

コメントは停止中です。