感動の1冊 おおきな木 

おおきな木

絵/文:シェル・シルヴァスタイン
訳:ほんだ きんいちろう
出版:篠崎書林

むかし、りんごの木があって・・・ から始まります。


「愛は第一に与えることであって、受けることではない」と言った人がいます。
まさに、この物語では「与える」とは何か。自己を犠牲にしながら与え続ける・・・。
それが書かれています。太陽のように見返りを求めない愛ですね。
感動の1冊です。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: まーちゃん感動の1冊 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です