天気と戦う調律師??

珍しい塗装のサンプルが出ましたのでこの機会にピアノの塗装についてのお話です。

塗装時に空気中に水分が多く塗料の中に水分を多量に含んでしまい白く曇ってしまう症状を”かぶる”といいます。

動画で話している白っぽくぷつぷつしている部分ですね。

梅雨の時期に限らず雨やくもりの日が続くと、このように思うような塗装ができません。

特殊な溶剤を混ぜて”かぶりにくく”することもできますが、弊害として塗料が乾きにくくなったり使えない場所があったりと

経験と勘がものをいう繊細な作業です。

特にピアノの塗装は”完全鏡面艶出し塗装”という漆と並ぶ高級仕上げをするので後々の作業にひびかないようとても気を使います。

お時間頂くこともございますが、しっかりと手を入れて最高の状態でお届けできればと思いますので待っていてくださいね。

日々天候と戦っている塗装スタッフのお話でした♪

◇りゅうちゃん◇

その後、再塗装をして綺麗になりました!
DSC_7880

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
リュウちゃん

リュウちゃん の紹介

調律師の寳田(タカラダ)です。 基本的に京都本部にて調律、修理、ピアノのご案内をさせて頂いています。 ピアノについてご相談等ありましたらいつでもご連絡くださいね。
カテゴリー: 新着情報, 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です