展示品のピアノ調律♪

dsc_5847

少し涼しくなってきた京都のぴあの屋です。

本日は、展示中古ピアノの調律中の様子をぱしゃり♪

気温の変化が大きい夏場はこまめにチェックしないと大きく音が

ズレてしまうこともあるのでこうして調整をしています。

特に入荷したばかりの中古ピアノは狂いが大きく一度調律をしても音が

すぐにズレてしまうため、お届けまでに数回調律を重ねて落ち着かせていきます。

調律時期が空いているピアノは落ち着くまで時間がかかってしまい作業も結構大変、、、

最低1年~2年に1回の調律がやはり大切ですねー。

 

 調律中古ピアノ:ディアパソンDN-48


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
リュウちゃん

リュウちゃん の紹介

調律師の寳田(タカラダ)です。 基本的に京都本部にて調律、修理、ピアノのご案内をさせて頂いています。 ピアノについてご相談等ありましたらいつでもご連絡くださいね。
カテゴリー: 会社のこと, 日々の作業のこと, 調律のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA