中古ピアノの蝶番金属磨き

ピアノのフタや屋根の蝶番は真鍮という金色の金属でできているのですが、くすんだり錆びたりとしやすい部分です。

その代りに磨けばピカピカになってくるれるので錆びてしまっていても修復ができるようになっています。

そんな金ぴかに輝く金属の磨きの様子です。

%e8%9d%b6%e7%95%aa%e7%a3%a8%e3%81%8d-1    %e8%9d%b6%e7%95%aa%e7%a3%a8%e3%81%8d-2

場所にもよるのですが真鍮は柔らかく機械のバフで磨くと歪んでしまったりすることもあるので

基本的には手で一つ一つ磨いていきます。

写真は一番上の錆を取るためスチールウールで表面を磨いているところです。

磨いたところと磨く前で輝きが変わってきていますね~

この調子でピアノ全体の金属も綺麗になってお届けとなります!
 
 
  

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
リュウちゃん

リュウちゃん の紹介

調律師の寳田(タカラダ)です。 基本的に京都本部にて調律、修理、ピアノのご案内をさせて頂いています。 ピアノについてご相談等ありましたらいつでもご連絡くださいね。
カテゴリー: 新着情報, 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です