〜羊と鋼の森〜

「万引き家族」を横目に、映画、羊と鋼の森を観てきました。

風の音、空、海、山の音を、聞いていました。これでよかったのだ。安心した。そう思いました。

こんなにも、丁寧に丁寧に、調律師が描かれた映画は、後にも先にも、ないように思います。

北海道の美しい大自然と、ピアノの美しい音色に包まれる映画です。

苦悩や不安や生きづらさまで、美しい映像の中で、葛藤する調律師達が、描かれています。

私達は、もうずっと、森の中だ…

調律師や、ピアノに興味のある方は、是非、ご覧になって下さいね。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

〜羊と鋼の森〜 への2件のフィードバック

  1. えりたま のコメント:

    ピアノを習っている中三の息子が、「頑張らなくても最後まで読めた」数少ない本なので、
    子供三人を連れて観に行きました。
    静かな映画でした。良かったです。
    先に習い始めて、ピアノを買うきっかけになった妹よりも、練習熱心なお兄ちゃんです。
    最近は勉強そっちのけで作曲にも励んでいます。旋律が降りてくるそうです。
    彼の心に、映画が何か残してくれているといいな・・・と思いました。

    • マーちゃん マーちゃん のコメント:

      男の子がピアノの魅力がわかると集中力はすごいですからね。作曲も素晴らしい!私も中三から作曲を始めました。高校にはいってから、コードネーム奏法を覚えて、さらに作曲の腕があがりましたよ。これからが楽しみですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です