大橋ピアノがお嫁入りしました☆

倉庫にご来店いただいた時には、ほかのピアノが目当てだったそうで、
予算外のピアノは一切さわらないぞ、と決めていたご主人。

でも、同時に他のお客様がこられていて、大橋ピアノを熱心に弾いてられたのを聞き、
「聞いてしまった・・・」という感じで、あまりの音のよさに大橋ピアノをご購入いただくことになりました。

奥さまも、この音に惚れこんでしまって、
なんでこんなに魅かれるのだろう・・・と思っていたそうですが、
ついにその理由がわかりました。

そう、昔弾いていたピアノ(もうありませんが)がディアパソンだったことが、お母さんに聞いて
分かったそうです。

ずっと、自分がもっていたピアノはヤマハかミキ、と思い込んでたそうですが、
実はディアパソン。。。

つまり、子供のころにずっと聞いていたピアノの音は、ディアパソン(オオハシデザイン)だったのです。
やっぱり、子供の頃に耳になじんだ音というのは、大人になっても影響を与えるくらい
大事なものなんですね。

本物の楽器。。。
そう、だからぴあの屋ドットコムはデジタルピアノは扱わないんです。

とにかく奥さまの、「予算を超えても私が気にいったピアノを買ってくれたご主人のこと大好き!」
という気持ちがいっぱい伝わってきましたよ。

よかったですね。

☆まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: ピアノの嫁入り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です