タッチをよくするための加工中!☆

スピネット型といわれる背の高さが110cm程度の超小型ピアノは、タッチが不安定になることがあります。
そのため、アクションの部品の合成皮革の部分をはがして、本革仕様に交換する作業を行います。
専門用語でいうと、バットスキンやキャッチャーのスキンの部分です。

この作業は消耗していなくてもやります。
これで連打するときのタッチ感がものすごくよくなります。

部品代が結構高くて、また2人で2日くらいかかりますので、
その分コストは上がりますが、あとあと気持ちよく弾いていただくための作業ですので、
ちゃんとやってますよ。
(本音は新品で作った時から、本革を使ってほしかった・・・)

スピネット型のピアノは、ちょっと割高になるかもしれませんが、
ぴあの屋ドットコムはちゃんとやるべきことをやってますので、ご理解くださいね☆

☆まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です