ピアノ選び体験記☆

お客様から、ピアノ選びの体験記を頂きました☆
掲載のご了解をいただきましたので、ぜひ皆様もお読みくださいね!”

*******************************************************

2月に花嫁を迎えるにあたり、わくわくと待つ日々を楽しんでいます。
家の大掃除もしてしまいました!

お便りしたのは、ピアノを買おうと思い立ってから、購入を決めるまでの私の足取り?をご紹介したいと思ったからです。
ご参考になれば幸いです。いや、石山さんの狙いどおりの足跡ですので、参考にはならないかも(笑)。

長年あこがれていた木目調ピアノを買うにあたり、今の時代ですから、まずはネットでいろいろと情報を得ることを考えました。
この時点で決めていたことといえば、「アップライトで家具のような木の温もりが感じられて、音の良いピアノ。」
これだけでした。

ネットであちこちのサイトを覗いていくうちに、一口に「アップライト」と言っても、様々なサイズのものがあること、
また同じく「木目調」といっても、実に多くの色合いや仕上げ具合があることが分かってきました。

毎日、画面でいろいろなピアノを見ているうちに、もう少し絞り込むことができるようになりました。こんな感じです。

①色はウォルナット系
②できるだけ小型
③ネコ脚よりは直脚
④譜面台は蓋の裏側についてるものではなく、蓋の上方に存在感たっぷりについているもの。できればデザインの洒落たもの。

そしてほどなくぴあの屋ドットコムのホームページに出会い、商品解説動画に釘付けに・・・。

家に居ながらにして、いろいろなピアノをいろいろな角度から眺め回し、音も聴くことができるのは、衝撃的でしたね。
ここでとりわけ感心したのは、1台1台のピアノの音色の違いでした。
パソコンの小型スピーカーから聴こえてくる音でも、その違いはありあり。これには驚きでした。

そもそも楽器屋さんにフラリと足を運んでも、指弾できる楽器の種類は、そう多くないですよね。
予算と外観の好みに合う楽器は、おそらく1~2台しか置いてないでしょうし。
その中から選ぶのは、いかにも気が重い・・・。
なかなか店に足を運ぶ気にはなれません。
そんな漠然とした悩みを解決してくれるのは、ぴあの屋ドットコムしかないと、確信するようになりました。

そしてちょうどその頃、私の条件にピッタシ合う、同じ型番のピアノが3台売りに出ていたのです。
この3台の中で1台、何度聴いても惚れ惚れする音色のピアノがありました。

しっかりと太い低音、くっきりとした音だけれど、なんとも陰影のある魅力的な中音、そしてブリリアントな高音。
石山さんの弾かれる「恋は水色」から感じた音の印象は、こんな感じでした。
この動画、何回も見ましたよ。
そして、同じ型番の、あと2台のピアノとは、明らかに違う個性でした。

ここまで絞り込んでから、店を訪れる気になったのです。
本当に、パソコンのスピーカーから聴こえてくる違いどおりなのかどうか、実際に確かめたいという好奇心も手伝いましたし。
幸い、自宅から車で1時間以内です。

店に着くと、見るからに、話すからに、人柄の伝わってくる矢尾さんに対応していただき、
お目当てのピアノを自分で音を出してみましたが、それはスピーカーから聴こえてきたのとまったく同じイメージの音でした。

そして、店にあるいろいろなピアノを試弾させていただきました。
そして最後に、もう一度お目当てのピアノへ。やはり好みの音色です。デザインも言うことなし。
この時点で「商談中」扱いにしていただきました。
高価な買い物ですし、やはり1日考えてみよう・・・と。

あくる日、「もう一度音出しして、昨日と同じ音に聴こえたら買おう」と、意を決して再度訪問。
すると石山社長さんがおられました! もう何度も動画でお目にかかってたので、親近感ありましたね。
そして、そのピアノを少し弾いていただいたのですが、その音の素晴らしさにイチコロでした。思わず「買います!」状態。

ピアノの場合、間接的にハンマーで弦を叩くので、楽器に直接息を吹き込む管楽器や、
指で直接弦を弾いて音を出すギターなどと比べると、音の違いは出にくいと思うのですが、なんのなんの。石山さんが弾かれるピアノの音は、全然違いました。

私のピアノ奏法基本型は、左手でルートを押さえる1本指打法。それに右手の3本の指でコードの1・3・5、1・3・7などを鳴らしビートルズの弾き語りをするというものです。

納品していただいたら、石山さんのように、左手でアルペジオ、右手でメロディーを弾けるように練習しようと思ってます。

追伸
最近アップされた、カワイの3台のピアノの音色比べ動画をうちの息子に.聴かせ、「どれが一番好き?」と尋ねたところ、私が選んだのとは違うピアノを選んでました。
「良い音」とは、あくまで「自分にとって良い音」なんですね。

追伸2
ピアノの申し込みをした後も、ホームページをたびたび見てますよ。
いろんなコーナーを見させていただきましたが、毎回開けるのが中古ピアノ販売リストのページです。
商品解説動画で、それぞれのピアノの特徴を掴んでるので、その動向が気になるのです。
「お、このピアノ、商談中に!」「あ、あのピアノ、一瞬で売れてる!」
新しいピアノが入ってると、もちろん即、動画をクリックです。

と、こんな感じで、すっかり石山さんの術中にはまってます(笑)

☆まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: あなたのピアノ体験記, なんでもネタ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です