新入社員が入りました☆

昨日、ぴあの屋ドットコムに学校を出たばかりの女性調律師が新入社員として入社しました。社員研修の中で、

「初日の業務が終わったらお父さんお母さんに、今日から社会人になりました。今まで育ててくれてありがとうございました、と言うのですよ」

と伝えました。その中で、下記のような話もしました。皆さんも読んでみてくださいね。

「入社試験」

ある社長さんが入社試験をします。
その会社では社長が直接面接をするのですが、二つの質問をするだけだそうです。
一つ目は「あなたはお母さんの肩たたきをしたことがありますか?」。
ほとんどの人はそれくらいありますよね。

そして二つ目の質問が「あなたはお母さんの足を洗ったことがありますか?」。
さすがにこれはなかなかありません。
そこで社長がこういいます。
「お母さんが健在であれば3日以内にお母さんの足を洗ってきてください」。

「3日以内に母親の足をあらってくる?それからもう一度面接する?へんなこと言う社長だな」と思いながら、入社試験を受けているある若者は家に帰って母に言い出したいけどなかなか恥ずかしくて言えません。でもそれをしないと次の面接を受けられないですから、2日目の夕方に「母さん、ちょっとこっちへ来て」と縁側に母親を呼びました。

「母さん、今受験している会社の社長が母さんの足を洗って来いって。ちょっと足貸して」とたらいにお湯を汲んできて、恥ずかしそうに足を出してくれた母親の足を鼻歌まじりに洗いはじめました。

母親の足を洗うとこの会社に入社できるぞ、という気持ちで鼻歌でも出てきたのでしょう。
ところが、右足を洗い終わって左足を洗いはじめたとたん、その若者の手の中に、あまりにも荒れてひび割れた母親の足を見たのです。

幼い頃に父親を亡くし、女手ひとつで自分を育ててくれた母親の今までの苦労をその手に感じたとき、感謝と申し訳なさで胸がいっぱいになって「母さん、長生きしてくれよな」の一言しか言えず、初めて自分に優しい言葉をかけてくれた息子の言葉に嗚咽する母親の涙が、洗い続ける息子の手に落ちてきたのです。

次の日、再度面接におとずれた若者に社長はこういいました。

「君はお母さんの足をあらって何か気付きましたか? 今まで君は決して自分一人の力で大きくなって来たんじゃない。いろんな人の支えがあって成長してきたんだ。そしてこれからは、社会人になって、お客様同僚をはじめ、たくさんの人のお陰で仕事や生活ができる。それに感謝する気持ちを今知ってほしい。君がお母さんの足を洗って気付いたこと。それが一番大切なことなんだよ」。

そしてこの若者は入社試験に合格しました。
この話は実話です。感謝を知るということは、あなたの魂を磨くことになるのです。

以前、私が福岡でセミナーをしたときに、仕事で大切なことは感謝の心を持つことなんですよ、という意味をこめてこの話をしました。
それを聞いたある女性が、その後本当に自分のお母さんの足を洗ったそうです。やっぱりお母さんの足はヒビやあかぎれでボロボロでした。

涙を流して「お母さん、私をこんなにまでして育ててくれてありがとう」と言ったそうです。
そのときに年老いたお母さんはこう言いました。

「○○子ちゃん、ありがとう。でもね、いま洗ってくれているのは足だけど、いずれ私が動けなくなったときには、全身を洗ってね。そのときには宜しくね・・・」。

高齢化社会はすぐそこまで来ています。。。

母が自分をボロボロにしても子を守り育てるというのは「愛」そのものですね。子供が大人になったから、さあ元を取ろう、などという母親はまずいないと思います。子供が幸せになってさえくれたらいい、というまったくの無償の愛を与え続けるのが母親なんです。

当たり前と思っていることが当たり前ではないことを気付いて、その恩を次に送りませんか?

あなたが感謝の恩を二人の人に送ることでそれが連鎖して行ったとき、33回目に世界中の人が幸せになっていくのです。

恩返しは当然ですが、「恩送り」はもっと大切なことですね。
(イシヤマメルマガ「心の窓」3より)

☆まーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: なんでもネタ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です