心の窓 14.波 長

波 長

「すべてのことは、神様はちゃんと見ている」

私はいつも心に思って、仕事や生活をしています。

私は無宗教ではありますが、神様はきっといると信じています。

だって、こんなに壮大で複雑な宇宙を創造できるのは、

神様以外に考えられませんものね。

「神様が見ている」と常に意識していると絶対に悪いことは出来ないし、

仕事の手抜きも出来ません。

そして、「自分は人のために何が出来るのか」ということを考えるようになります。

また「類は類を呼ぶ」のことわざのとおり、

こういう気持ちでいると自分の周りに同じような考えの人たちが集まってきます。

不思議なことですが、本当です。

これはある実験でも分かります。

たとえば440HZの音叉を2本用意して箱の上に立てます。

そうして1本だけ棒で叩くとぶーんと 「ラ」の音が出ます。

そのうち、叩いていないのに隣の音叉も同じようにぶーんと音が出てきます。

これは共鳴の原理でもあるのですが、

1本目の音の波長が同じ波長をもった隣の音叉に影響を与えて

2本ともが鳴り出すのです。

もっと分かりやすく言うと、ラジオが音声を受信するのと同じことですね。

チャンネルを合わすと、その波長に合ったチャンネルだけが聞こえます。

ちょっとでも波長がずれると、全然違う放送が聞こえてくるはずです。

同じ波長だけが、協調し合うのです。

人の心も同じで、怒りの波長は荒い波長。

感謝や愛の波長は穏やかな波長。

つまり「神様が見ている」ということを信じて、

正しく生きようと心に決めて生きる人たちの周りには、

同じ波長をもった人達が集まってくるのです。

これが「類は類を呼ぶ」「類は友を呼ぶ 」ということなんですね。

すべての物質、そして目に見えない「心」、あらゆるものはある一定の振動数を

持っていて、それが影響を与え合っているようです。

修学旅行でグループ分けをするとき、

やっぱり似たもの同士が同じグループになりますものね。

バスの一番後の席に陣取って、騒ぐグループも大体決まってます(笑)。

私のところにピアノ調律のご依頼をいただく方も、最近”いい人”ばかりです(笑)。

もう一つ例をあげてみますと、

親しい人に電話を掛けようと電話を持った瞬間、

その人から電話がかかってきた、ということも誰でも経験があると思います。

テレパシーという、不思議な現象で片付けることも出来ますが、

私は、相手のことを「思った」波長が、距離に関係なく相手に届き

相手の思考の波長に影響を与えて、その人もフト電話をかけてみようかな

という気になったのだと考えています。

また、「あくびがうつる」という現象も、

科学的には一時的に部屋の酸素が足りなくなった、と言う説が一般的ですが

私は車のなかであくびをして、何気なく隣の車をみると、違う空気なのに

やっぱりその人もあくびをしていた、という経験が何度もあります。

これも、あくびの波長が隣に移ったのではないかと思っています。

”心の波長”に関して発明王エジソンも研究をしていたようなのですが、

人間の「心」(魂)は次元の違う、目に見えない電子体(後光やオーラのようなもの)で、

ある振動数を持ち、決して滅することのない永遠のものだ、

ということを突き止めたようですが、あまりにも難解なため、

残された膨大な資料はいまも解明できないものがたくさんあるようです。

音楽の世界で、良い演奏会の素晴らしい波長が

観客の心にそのまま影響を与えて、感動が伝わるように、

心の波長があると信じて、正しく生きようと心がけることが

幸せな人生を送れるコツかもしれません。

ちょっと難しかったかな?
いろいろな本を読んでみると、歴史に名を残した偉人は、このような心の作用をすべて知った上で
大事業をなしとげてきたように思います。

「神様が見ている」と思って、あらゆることに感謝の心で生きていくと、とてもよい波長が自分の心から発しているような気がしてなりません。
私の修行もこれからです・・・。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です