心の窓 33.信頼の絆

信頼の絆

朝日新聞の小冊子からの抜粋です。

小学生の時、衛生検査というのがあった。

検査では、みな机のうえにちり紙を出す。

少女Aちゃんのちり紙は新聞紙を切ったものだった。

家に帰って

「Aちゃんのちり紙はね、新聞紙なんだよ。おかしくって」と言った。

お前はなんということを言う、と父親が言った。

「新聞紙だって立派なちり紙だ。明日からお前も新聞紙を持ってゆきなさい」

以後、検査のたび新聞紙を机に出すのが恥ずかしかった。

やがて、父が言った。

「新聞紙を見せるとき、Aちゃんがどれだけ勇気がいったか、お前もわかったろう」。

私は、父から人間の一番大切なことを教わったような気がします。

                (出典:朝日新聞「暮らしの風」3月号、P17「信頼の絆を創る」)

わたしは、この文章にとても考えさせられました。
貧乏で新聞紙のちり紙を持ってきた子。
子供がそんな話をしたとき自分は「ふーん」と聞くだけの人間かもしれない。
自分はちゃんとしたちり紙を持たせることができると、安心する自分がいるしれない。
単に、かわいそう、と思うだけかもしれない。

でも、この父親は子供に同じ体験をさせることによって
相手の立場で考えるということを教えようとしている。
そして、父の一言で本当に新聞紙を持たせた母親もすごいと思います。

相手の奥底の心を理解しようとする姿勢。
これが人間として一番大切なことなのですね。
子供は、生きてきた「環境・教育・思想・習慣」で人格が出来上がります。
この父親のような姿勢で子供に接していかねば、と大きく反省させられました。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です