心の窓メルマガ版 34 「形見」

形見

皆様ご存じのように、私はピアノの調律師です。

ピアノ製造メーカーの社員から独立して13年目になりますが、現在では社員やパートの調律師6人と共に、ピアノの調律や修理・買取・販売などをしております。

最近では、インターネットを使って全国規模でピアノの買い取りや販売をしていますが、「ジャパネットイシヤマ」と冗談でいわれるほど、インターネット動画を使ったビジネス展開が大当たりしています。どんな仕事でも、結局はその人物を分かってもらわないとなかなかうまくいかないものですからね。

そんな展開を始めて全国の方々にご縁がつながり始めていますが、最近愛知県からグランドピアノを買取したお客さんからこんなメールをいただきました。ご了解をいただきましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

「この度は、ピアノを買い取っていただきありがとうございました。他の業者様で、高く査定された値段からだんだんと下げられたこともあり、ピアノを売ることに不安もありましたが、石山さんのメールで、蟹江にお住まいだったという部分を拝見して、何だか安心してお願いしてみました。料金も、こんなにも早く振り込んでいただけて、本当に安心いたしました。

このグランドピアノは、半年前に亡くなった母が私の為にと買ってくれたものなのですが、事情があり、残念ながら手放さざるを得なくなってしまいました。大切に扱ってくださる所にお願いしてよかったです。

ピアノを買い取っていただいたお金は、来年早々に結婚する時の為の結婚指輪にするつもりです。いつも身に付けてられるので、母の思い出のピアノ=指輪となり、いつも母がそばについていてくれるような気持ちになれそうです。ありがとうございました。だんだんと寒くなる時節柄、お身体には十分ご自愛なさってください。」

このメールを読んで、私は胸がジーンと熱くなりました。
亡くなったお母さんの形見、でもそれをそばに置いておくことができない。そんな時、このような形で、物は変わってもその思いを別のものに変えて身につけておくという気持ち。特に、ピアノが結婚指輪に変わるなんて素晴らしいなと思いました。

買い取ったピアノはきちんと整備をして、きっとまた大切に使ってくださる方へリレーをしていきたいと思います。

どんなビジネスでも、やはり人の心を一番大切にしながらやっていかないといけませんね。以前、心の窓7号で書いた「ディズニーランドのお子様ランチ」や24号「人であふれた駐車場」など、相手の立場で物事を考え、行動できる人になれるよう、さらに魂を磨いていきたいと思います。

ぴあの屋ドットコム 石山

●心の窓の過去ログをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。
http://www.just.st/index.php?tn=index&in=7104977&pan=180

心の窓メルマガ(登録者数1488名)

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です