心の窓メルマガ版 57 「孫正義の言葉」

孫正義の言葉

ITバブルが崩壊した。
99%の人はネット株を売った。
もっと下がる、と片っ端から売った。
だからITバブルは崩壊して、ソフトバンクの株も約100分の1に下がった。
株主総会でもむちゃくちゃ言われました。

そのときの株主総会。
まさにこの部屋ですよ。
全員、目が三角になっている。

入るなり
「ペテン師!」
「うそつき!」
「泥棒!」

もうめちゃくちゃですよ。
それでも私は一生懸命に説明しました。
6時間だったか、おそらくソフトバンクの株主総会で最長です。
休憩なしでぶっ続けでやりました。
一人で全部受けて立った。
いっさい逸らさないで、真正面から答えた。

最後には非難ごうごうだった何千人かのうち、3分の1以上の人がハンカチを出して泣いていました。

それは総会の最後に、一人のおばあさんの発言があったからなんです。

「私は主人の遺してくれた退職金の1000万円全部でソフトバンクの株を買いました。

それは孫さん、あなたの夢を信じたから、あなたのその夢と志を信じたからです。

遺産すべてを注ぎ込んで、1000万円が10万円になってしまった

だけど、私に悔いはありません。

今日、あなたの話を直接聞いて、あなたの夢に賭けてよかったと、心から思いました。

信じていますから頑張ってください」

たまりませんでした。

その方の姿がいまでも眼に焼きついて離れないんです。

(孫正義リーダーのための意思決定の極意」より

最近ツイッターでソフトバンクの孫さんの言葉を読むようになりました。
私も経営者として学ぶものがたくさんありますが、それ以上に「人」としてどう生きればいいのかを教えてもらっているように思います。

孫さんの最近の言葉をいくつかご紹介しましょう。

〇弱音は吐くものではない。呑み込むものである。

〇16歳で単身渡米して米国の素晴らしさに感動すると同時に、生まれ育ち家族のいる日本のありがたみを再確認。将来日本の為に何かしたいと決意しました。

〇全ての試練は、成長の為の階段だ。登り続けるしかない。

〇努力しても報われないなあと感じ嘆く時、大抵の場合は、まだ本当の努力をしていない。

〇私は、上から目線の評論家をあまり高く評価しない。何故なら、彼等は高邁な理屈を唱える割に何等行動を起こさないから。「言うは易く、行うは難し。」そんなに偉そうに言うならやってみろと言いたい。私は突き進む。ボロボロになっても。

〇ガハハハハー。人生なんて一回きりだ。小さい事を気にしていては何も出来んぞ。誠の志さえあればいつか通じるわい。せめて百年後には。

〇やたらに個人攻撃的な批判をしてはならない。己の世界を狭くしてしまうから。

〇「出来ない」という言葉を安易に言ってはならない。その瞬間から努力が止まる。

〇人生には、いつか必ず終わりが来る。人間50歳を過ぎたら、今この場で終わったとしても悔やまない人生を過ごしていかねばならない。

***

どこのだれがつぶやいたかわからないようなツイッターの世界。でも、よい提案であれば「やりましょう」と即答し、即実行する孫正義さんの行動力は本当に素晴らしいと思います。

庶民の声が日本を変えていく時代がそこまで来ています。

ぴあの屋ドットコム 石山

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です