ついに法律が通りました!☆

本日、衆議院本会議において
「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」
が全会一致で可決成立致しました。
皆様、ご支援ありがとうございました。
成立時、傍聴席の私にピースで合図を送ってくれた議員さんたちもいて、
私達市民も一緒に力を合わせたのだ、ということを実感しました。

全会一致による法律の成立ってすごいことだと思います。
造血幹細胞移植法設立へのご支援お願いをツイッターで始めたのは昨年の9月16日でした。
あれから一年を待たずに法律ができました。
これからはこの法律が真に患者の為に活かされているか監視していきましょう。

有田美智世

*********************************

上記のようについに法案が成立しました。
有田美智世先生は、骨髄バンク、臍帯血バンクの生みの親です。
ボランティア主婦でありながら、白血病などの患者を救うための活動を続けてこられました。

縁あって、数年前から有田先生の活動を手伝うようになりました。
上記の中で、ツイッターを始めたのは・・・と記載されていますが、
これは、有田先生と一緒に仙台に講演に行く飛行機の中で私が提案したものです。

先生からツイッターの原稿をFAXいただいて、私が打ち込みをしてきました。
そうして、市民の賛同を得ながら、一気に長年の懸案だった法案成立に向けての動きが進んでいったのです。

ピアノの仕事とはまったく関係のない活動ではありますが、
これも大切に続けて行きたいと思っています。
この法案成立によって、多く患者が救われることになるはずです。

とにかく、この「命の法案」が廃案になってしまう“衆議院解散”がない事を願い続けていました。

本当によかったです☆

造血幹細胞移植に関する法律

☆いしやまーちゃん☆

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 感じたこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です