奮闘記 ②カルピスとおばあさん♪

田舎の方へ行くと、調律の後 よくおばあさんが応対してくれます。

必ず飲み物と茶菓子が出ますが、お菓子には半紙が敷いてあって、
手をつけないと帰りにそれを包んで、お持ち帰り となります。
都会ではあまり行われなくなったほのぼのした風景です。

最近は少なくなりましたが、昔はカルピスなどもよく出していただきました。

ある日、おばあさんがカルピスを台所からビンごと持ってきて、
コップに氷を入れ見ている間にトクトク・なみなみと注いで、

「さぁ、飲んでください」

(そ、それは原液では・・・。ロックといってもそれは・・・・。ワンフィンガーの水割りでいいのに・・)

飲めといわれてもこれを一気に飲めば、1000キロカロリーは軽く突破するでしょうね。

「おばあちゃん、もったいないから、ちょっと薄めていただきますね」

と結局おいしい濃度でご馳走さま。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 調律師の奮闘記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です