心の窓 「クルーズ船の老婦人」

「クルーズ船の老婦人」~余生の送り方

ある男性が、老婦人がひとりでクルーズ客船に乗っているのを見かけました。

彼女は一人なのに、客船のスタッフたちととても親しそうでした。
男性はウェイターに、その老婦人が誰なのかを尋ねました。
しかし、ウェイターは老婦人がこのクルーズに4回連続で乗っている、ということしか知りませんでした。

ある晩のこと、男性がダイニングルームから出たとき、老婦人と目が合ったので、声をかけてみました。

「あなたは最近4回連続でこの船のクルーズに乗っていらっしゃるそうですね?」
と男性が尋ねました。

老婦人は答えました。

「そのとおりよ」。
男性はまた尋ねました。
「どうしてなんですか?」

彼女は答えました。

「介護施設より安いからよ。私は将来も介護施設にはいるつもりはないの。介護施設の料金は一日200ドルかかるわ。でもここなら、長期割引とシニア割引で135ドルですむの。残りの65ドルはチップか貯金にしてるわ。ここなら、すばらしい食事やルームサービスをその気になれば、毎日10回頼むこともできるのよ。プールやジムも無料だし、洗濯機と乾燥機も無料、毎晩ショーもあるわ・・・。歯ブラシとかみそり、石鹸にシャンプーも無料なのよ。被介護者じゃなくて、顧客として扱ってもらえるしね。5ドルのチップを渡せ伊庭スタッフたちは競い合うようにサービスしてくれるわ。テレビの故障とか部屋の電気ガチカチカする、そしてマットレスを交換してほしい、とか、すぐに飛んできて和砂の不自由を詫びてくれるわ。こちらから頼まなくても、シーツとタオルは毎日新しいし、お医者さんも常駐してる。」

これが老婦人の回答でした。なんな考えさせられますね。

(出典:クルーズ船で出会った老婦人 https://ntdtv.jp/2018/02/4322/

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です