心の窓 「7日間の元気な時間をください」

「神様、お願い。
 7日間の元気な時間をください」
 
 
52年間連れ添った妻に
先立たれた71歳の男性の投書
 
 
 妻が願った最期の「七日間」
 
 
1月中旬、妻容子が他界しました。
 
入院ベッドの枕元のノートに
「七日間」と題した詩を残して。
 
 
 
『神様お願い。
 この病室から抜け出して
 七日間の元気な時間をください
 
一日目には台所に立って
料理をいっぱい作りたい
 
あなたが好きな餃子や肉味噌
カレーもシチューも冷凍しておくわ』
 
 
妻は昨年11月、
突然の入院となりました。
 
すぐ帰るつもりで、
身の回りのことを何も片付けずに。
 
そのまま帰らぬ人となりました。
 
 
詩の中で妻は二日目、
織りかけのマフラーなど
趣味の手芸を存分に楽しむ。
 
三日目に身の回りを片付け、
四日目は愛犬を連れて
私とドライブに行く。
 
 
『箱根がいいかな
 思い出の公園手つなぎ歩く』
 
 
五日目、ケーキとプレゼントを
11個用意して子と孫の
誕生日会を開く。
 
 
六日目は友達と女子会で
カラオケに行くのだ。
 
 
そして七日目。
 
『あなたと二人きり
 静かに部屋で過ごしましょ
 大塚博堂のCDかけて
 ふたりの長いお話しましょう』
 
 
 
妻の願いは届きませんでした。
詩の最期の場面を除いて。
 
 
『私はあなたに手を執られながら
 静かに静かに時の来るのを待つわ』
 
 
容子。2人の52年間、ありがとう。

2


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓, 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA