ピアノのフタの破損 ~木部の修理~

まれにある木部の修理の様子です。
ピアノの内部なので表からは見えない部分ですが、どうしても負荷がかかる部分なので破損してしまっていることがあります。

今回はフタを差し込んで固定する箇所が破損して一部腐食していました。
このままでは強度がなく外装が外れる危険があるため、割れなどをきれいに取りきって代わりの木材を入れて仕上げます。

IMG_0905
本体に取り付けるとこのようになります。
負荷のかかる部分ですので数か所ネジを入れて外れたり歪みが出ないように強度を出しています。
表面に出ている箇所の場合にはこの上に塗装をして見た目にもきれいに仕上げます。

このように割れて破損しているようなピアノでも基本的に修復が可能です。
ピアノのリメイク作業としてお受けしておりますので、このようなピアノをお持ちの場合にはお気軽にお問い合わせくださいね。

ぴあの屋ドットコム


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク, 新着情報, 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA