心の窓 23.アリの理論

アリの理論

アリの理論という組織論があります。

これは、アリの社会では20%のアリが一生懸命に頑張って他のアリを引っ張り

20%が落ちこぼれて、あとの60%はどっちつかずのノラリクラリのアリだそうです。

これは「2対2対6」の割合で必ずこうなるそうで、

さらに、優秀な20%のアリだけを選抜して超エリートグループを作っても

そのなかで、20%の落ちこぼれは出るそうです。

これは人間社会にもそのまま当てはめることができるらしく、

4番バッターばかりを引き抜いて野球チームを作っても、

実際必ず優勝するとは限らないのでよく分かります。

ある仕事に対しては20%の優秀な集団に入らなくても

ほかの分野ではメキメキ実力を発揮して、

集団を引っ張る20%の立場に入ることもあると思います。

要は適材適所、自分の一番向いている分野で活躍ができればいいですね。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 心の窓 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です