奮闘記 ⑬電子レンジで漬物?♪

調律でいろいろなおうちを回っていますと、奥様方がいろいろなことを教えてくれます。

子育てはこうやったらいいよ、とか主婦としての経験談をたくさん教えてもらえますし、

また、ご主人などかおられるときには、あらゆるあらゆるジャンルの、

その道のプロといわれる方もたくさんおられて、

好奇心の強い私にとっては、毎日がとっても刺激的です。


★先日、こんなことも教えてもらいました。


「ねえ、石山さん!

京都にお住まいだけど、京都って漬物の本場でしょ?

電子レンジで漬物を作る方法って知ってる?」


「え? 聞いたことありませんけど・・・」


「えー! 知らないの? 最近全国的に流行しはじめているんですよ」


「そんなに手軽に出来る方法が発明されたんだったら、教えてくださいよ! 妻に教えたら、きっと喜びます。」

そういって、私はメモを取り始めました。


「あのね、まず漬物を漬ける桶がなかったら、お店で買ってくるでしょ。

そして、その中に白菜をきれいに均等に並べるの。

塩をその上に振るんだけど、ミネラルたっぷり入った赤穂の粗塩なんかがいいかな。

それから、その上にそっとフタを置きます。そっとですよ。

次に、

電子レンジを持ちあげて、ドン!とその上に置けばいいのよ!


私は、思わずペンの動きを止めました・・・。


そのとき、さらに追い討ちを掛けるように、こう話されました。

「その時ね、コンセントは抜いておくことがコツよ。

だって、感電したら怖いからね!」


そういって、奥様はいたずらっぽい目で私の反応をうかがっている様子でした。

私はその後、2分間笑いが止まらなかったことを覚えています・・・。

——————————————————————————–

★こんな話も聞きました。


「石山さん、長生きのコツって知ってる?」

「体にいいものを食べてたらいいんでしょ?」

「いいえ違うの、その人の”考え方”が全ての決めるのよ。

人生をいかに楽しむか、また回りを楽しませるかということだと思うのよ」

「うーん、よくわからないです・・・」


「100歳の双子のきんさん、ぎんさんって知ってるでしょ?

ある記者が百何歳かの誕生日にこんなことを聞いたのよ。


「たくさんテレビに出たりして、きんさん、ぎんさんの所に

いっぱいお金が入ってきましたけど、そんなにお金を貯めてどうするんですか?」


「きまっとるじゃろ、老後のためじゃよ・・・」


100歳を過ぎて、”老後”もないと思いますが、

これは人を笑わせる一流のギャグだとしたらすごいと思います。


ほかにこんな話も聞きました。

世界一の長生きで、ギネスブックにも載った、泉重千代さん。

たしか120歳くらいまで生きた方です。

長生きの秘訣は「くよくよしないことと、腹八分」といつもおっしゃっていました。


レポーターが質問しました。

「女性はどういうタイプがお好きですか?」

「やっぱり、年上の女かのぉ。」

年上の女性なんて、地球上に一人もいないはず・・・。


まだまだ続きます。

ある町にとても元気の良いおじいさんがいました。

年は95歳。

足腰がとても丈夫で、毎日自転車にのって出かけていきます。


ある人がおじいさんに訊きました。

「ねえ、おじいさん。老人ホームに入居しているわけでもないのに、

どうして毎日、わざわざ自転車で坂道を登って、通っているの?」


「決まっとるじゃろ。あそこには

85歳とか90歳の若い女がうじゃうじゃおるんじゃ。」


確かに、おじいさんの95歳からしたら、5歳から10歳も年下の若い女には違いありませんが・・・。


これらの話、長生きしている人は、みーんな考え方が前向きですね。


見習おっーと。


——————————————————————————–
★さらにこんな話もあります。

アメリカのあるジャーナリストが、思い難病にかかってしまいました。

普通は、悩み苦しむところですが、

このジャーナリストは、その後の一切の治療を中止させ、

そして、大きなテレビとビデオデッキを病室に持ち込んで、

いったい何が始まったんだろうと思っていると、

1日中、アメリカ全土から取り寄せた、コメディー番組のビデオや

日本的に言うと、漫才や落語のようなもの、をまるまる一週間

見続けて、ずっと大声で笑っていたそうです。

そして、再検査。

すべて、異常なしとして、正常な状態に戻ってしまったそうです。


人は、1回笑うと、体内にだれもが持っているガン細胞が5000個消滅するそうです。

笑う門には福きたる、という言葉のあるとおり、笑いには大きなエネルギーがあるのだということが、よく分かります。

ガンと戦ったらダメ、と最近はよく言われます。

つまり、戦いの心、怒りの心をエサにして、さらに増殖を繰り返すのがガンの特徴ですが、

ガンを「受け入れる」さらに「感謝する」という心になると、、ガン細胞はヘナヘナと

一気に元気がなくなるそうです。


なーんだ、悟ればいいのかぁ。

でも、それが難しいから、人は悩み・苦しむんだけどね。



余談・・・

アメリカといえば、スーパーマン。

でも、あのスーパーマンって、どうしてあんなにピチピチの服を着てるんでしょうね。


あっ、そうか!

あんなに体が大きいのに、Sサイズをきているんだぁ!

胸の前にでかでかと S ってかいてありますよね。

あの体で「S]サイズ・・・。

でもやっぱり、あの人は LL かな・・・。



これは、調律中の出来事ではありませんが、

学生時代にある高校サッカーの応援でトロンボーンを持って東京へバスで行きました。

その日はとっても寒くって、休憩の時にバスからおりて

みんな、あったかいコーヒーを自動販売機で買うために並びました。

私も、体の中からあたたまろうと、100円をいれてボタンを押しました。

ガチャっといって出てきたコーヒーは見事に冷えたコーヒーでした。

泣きそうになりながら、「冷たいのが出てきたぁ~!」というと、

みんなどこのボタンを押したんや?

と尋ねます。

「だって、”ポッカ”って書いてあるから、暖かいコーヒーだと思って・・・」

一同、大爆笑でした。

私は雪がちらつく中、”ポッカ”と書いたよく冷えたコーヒーを飲んで、さらに体を冷やしました・・・。

LINEで送る

にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 調律師の奮闘記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です