【リメイク】外装塗り替え作業中♪③~塗装仕上げ・内部調整~

【前回のリメイク作業はこちら】

塗装の作業も大詰め、艶を消す表面の塗装をかけていきます。

この艶の消え具合にも度合いがあり印象が変わります。

上が艶がある状態、下が艶が消えた状態です。

DSCF8409

塗装作業が終わったら基礎パーツを取り付けていきます。

この後行う内部の調整にもかかわるのでしっかりと

ずれなくパーツを合わせていき、ピアノが起きました。

調整をしながら鍵盤が入る棚など細かな部分を組み上げていきます。

見ていて気付いた方もいらっしゃると思いますが、

木目艶消しのピアノは見る角度や周りの色や照明によってかなり見え方が変わります。

今回は落ち着いた印象になるように調整をしています。

ということで塗装の作業はひとまず完了です。

DSCF8465

塗装などのご相談は季節やご依頼の状況によって作業期間が大きく変わります。

ご検討されている方は早めにお問い合わせくださいね。

 

ぴあの屋ドットコム スタッフ

 


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
カテゴリー: リメイク, 新着情報, 日々の作業のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA