カワイグランドピアノNX-40が横浜ピアノサロンに届きました☆

IMG_5120

IMG_5121

やっと手に入れました!
カワイピアノNX40

私がカワイの社員時代、カワイはどんどんいい製品を出してきました。
アップライトだと、USー55からUS-6Xへ。

この時思ったんです。
カワイは音色の基本パターンを変えてきたな、って。

カワイピアノはカワイトーンという独特の優しくてそれでも伸びのあるクリアで美しい音色が特徴でした。
機種によっては、結構派手に鳴ってくれるモデル(個体差あります)もありました。

ところが、グランド型譜面台の超人気モデルUS-55からUS-63Hにチェンジしたあたりは、今まで通りの音色のパターンだったのですが、US-6LEが出た時に「ん?」と思い、すぐにモデルチェンジしてUS-6XそしてUS-7Xが出ました。

この時に「こう来たか!」と思いました。
これはいい意味で、音色を変えてきた!と思ったのです。

とにかく音が太いのです。
カワイピアノの特徴である重低音もさらにはっきりとわかるようになり、
音色はさらに温かく包み込むような美しさ。艶のある音色というのでしょうか。

昭和50年代に売れまくった、BL-31などのBLシリーズとは全然ちがう音作りになりました。

そしてグランドです。
GS-30からCA-40という従来のKGシリーズとは違ったコンセプトで作られたモデルの、後継機種だと聞いていました。
それが、NX-40。

あれ?全然違うぞ!というのが第一印象。
UX-6Xと同じパターンの音作りでグランドもやってきたのです。

これはすごいぞ。
RX-Aみたいだ!そしてそれにつづくR-1に近い音色です。

この音色のパターンはそのまま、シゲルカワイに繋がっているとわかったのです。
カワイの目指している音作りはこれなんだ、ということがわかったのがこのNX-40なんです。

私がカワイ楽器を退職する直前に販売したのもNX-40でした。
あまりにも素晴らしいピアノで、
本格的にピアノの道に進みたい、というお客様に迷わずNX-40を勧めたのです。

その時小学生だった女の子は、結婚して今もピアノの先生をされています。

長くなりましたが、そんな物語もあったNX-40が入荷したという話でした。
いいピアノです。

弾きに来てくださいね。

☆ぴあの屋まーちゃん☆


にほんブログ村参加中!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
マーちゃん

マーちゃん の紹介

ぴあの屋ドットコム代表 ピアノを弾く時にはリチャード石山と言われています。
カテゴリー: 商品のこと, 新着情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA